;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2007年12月23日

1日の中での気候変動

こんにちわ

今朝は雨模様でのスタートです。







昨日・今朝とやはり「気圧変動」の影響による

地震が発生しています。







23日02時49分頃地震がありました。

震源地は大隅半島東方沖 ( 北緯31.4°、東経131.7°)で震源の

深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は4.7。深度2



22日17時51分頃地震がありました。

震源地は房総半島南方沖 ( 北緯34.4°、東経140.4°)で震源の

深さは約90km、地震の規模(マグニチュード)は4.5。深度2







やはり「九州」と「東日本・西日本の境界周辺」

で地震が発生しました。



さらにいうと・・



規模としても中規模程度のやや大きめとなって

いましたね。(・"・;) ウッ





揺れは深度2ですからたいしたことがなくてよか

ったです。











「気圧の谷」はほぼ東海上に通過していきそう

です。





が・・・



今日は一日の中で「寒暖差」というか「陽射し

の有無(火)」の変動が激しくなる地域がでて

くるかもしれませんね。





やはり「気圧変動」ほどではないにしても・・・





「変動差」は「抑制」をうけている地震エネル

ギーにとっては、誘発させる要因となりそうで

す。



紀伊半島〜愛知県〜神奈川〜千葉・茨城〜福島





にかけての太平洋側ではそんな気候変動となっ

てきそうですのでやはり「地震発生」の可能性

はあるかもしれませんね。





また



「気圧の谷」は秋田・宮城県〜北海道方面を移動

していきそうです。



内陸では・・



秋田周辺





海洋では



宮城沖〜北海道南東沖周辺



では揺れる程度の地震が発生するかもしれません。







現在「雨」の影響もあって「体感」としては特別

なものはありませんが・・・





昨日は「大気」の感覚の中に「電磁波系」のもの

をみてとることができました。





このことからも・・上記の仕組みによって





小規模〜中規模(〜M4.8)



の地震発生が「本日〜25日」程度あるかもしれま

せんので注視しておきたいと思います。


posted by ポッポ at 08:35 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月20日

西から変化

こんにちわ

昨日はとても寒い一日となりましたが今日は寒い

ながらもお日様が望めそうです。











今日の気象状況を観察してみると・・・。





今日・明日と≪西日本地域≫では高気圧圏内とな

ってきそうです。



この時期の高気圧ですから、停滞することはなく

移動スピードは速いと思われますので影響期間も

少ないとは思います。



ただ



「抑制」されている状態を保持している地域も多

数ありそうですから、ひさしぶりの「高気圧」に

よる「気圧変動」によって地震が表面化する可能

性は考えておきたいところですね。





小規模地震が中心となるとは思いますが内陸での

「揺れ」で考えると



震度3程度





は十分考えられますのでそのように理解しておか

れるといいのではないでしょうか。



なお現時点での気圧配置から考えると





九州周辺





では気圧変動による地震発生の可能性がありそう

です。





また



地震エネルギーが「抑制」されていると感じられ

る西日本の地域を現時点で感じると・・。



四国西部周辺

兵庫〜紀伊半島西部



あたりで小規模地震が表面化する可能性がありそ

うです。











東日本・北日本の地域では低気圧の影響が本日も

続きそうです。



関東周辺では





静岡沖

房総半島周辺



では少し地震活動が表面化する可能性はありそう

ですね。









ただし基本的にはまだまだ「抑制」の力を受けて

いる感じですから、大き目地震の心配はなさそう

です。
posted by ポッポ at 09:26 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月19日

気象状況は西から変化中

こんにちわ。

今日も寒気を感じることができる関東での

お天気です。











昨日記事としましたが・・さっそく形となった

ようですね。







19日09時02分頃地震がありました。

震源地は茨城県沖 ( 北緯36.5°、東経141.1°)で震源の

深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は3.7。震度2







やはりひさしぶりの「電磁波系」の前兆でし

たが「地震」という形で表面化したようです。



ただ・・



予定どおり「揺れる程度」の小規模地震でし

たので気にしなくて正解でした。











さて気圧配置や気象状況をみてみると・・・





本日あたりは「西」から変化がおこってくる

ようです。





まだまだ「高気圧」に覆われるということに

はならないようですが・・





気圧状態が入り組んだ複雑な状態





になる地域がででくるかもしれません。





基本として「全国的」に抑制を受けているよ

うな状況ですから、1つきっかけがあると小規

模ながらも・・





地震発生





につながる下地は存在しています。





気圧の谷





が「複雑」な形と変化をみせるような地域が

でてくるとしたら・・「地震」の誘発となる

可能性は高そうです。





ただし



現在明確な「地震前兆」などがでているわけ

ではありませんので・・



地震となったとしても「小規模地震」程度の

ものではないかと想像されます。



とはいえ内陸での震源ともなれば「震度3程度」

の揺れとなることもありますので





「揺れるかも」程度



の認識をもっているといいかもしれませんね。



「西日本」の地域では。









逆に気になるのは「東日本の太平洋側の地域」

です。



現在は抑制の影響で地震は表面化されていませ

んが・・



気象状況の変化「高気圧」など





があった時には「それなりの地震エネルギーの

開放」があるかもしれません。





そのようなときには「体感」として地震前兆を

感知することができるでしょうから





そんな変化があったときにはまたお知らせした

いと思います。
posted by ポッポ at 09:36 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月18日

フィリピン海プレートの影響

こんにちわ

一歩一歩冬の気配が伝わってくる空気となって

きました。







昨日は午後になってからでしょうか





久しぶりに「大気」の中に弱いながらも「電磁波系」

の前兆を垣間見ることができました。





ここのところ「抑制」の力が強いこともあってなか

なか地表に近いところでの地震活動はあまりみられ

ない状況となっています。





「深発地震」



くらいでしょうかね。目だっているのは。





で・・昨日。



直接的に「体感」としては「感知」することはでき

ない状況でしたので・・



基本的にはあまり気にする必要のない程度の「動き」

なのだと思います。





あそらくは・・



「地震」とならない程度の「地殻崩壊」





もしくは



「千葉・茨城・福島周辺」



での小規模地震「M4以下」ということかもしれませ

ん。



どちらにしても・・気にしないでいいのではないかと

思っています。









全体的な「動き」の中では少し変化がみてとれました。





フィリピン海プレートの活動の影響





が「地震」という形になって現れ始めているようです。



正確には「地震」に繋がる≪土≫のエネルギーの増加

という感覚です。





一時期「太平洋プレート」と「フィリピン海プレート」

の2つが同時に活動を強めていたころ



「地震」という形で影響が現れていたのは・・





太平洋プレートに即したエリア





でした。



簡単に言うと・・「太平洋プレート」の動きの影響が

ここまでは強く「地震」という形で現れていたという

感じです。





で・・ここにきて



「寒気」の影響もあり「関東周辺」〜「東北」にかけ

ては「地震」が表面化するのが抑制されている状況と

なっていますが・・





その背景もあってか・・





フィリピン海プレートの動きの影響





が表面化しつつあるように感じています。



現在





紀伊半島南西部

静岡沖周辺





で「地震活動」が強くなりつつあります。



まだ本格的に「地震」という形ではあらわれていま

せんが・・



「地震エネルギー」として感じることができるよう

になってきました。





紀伊半島〜静岡沖





にかけての地域の今後の変化には注視しておきたい

と思います。




posted by ポッポ at 09:50 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月17日

地震の呼応「関東-紀伊半島」

こんにちわ

今日も青空。丁度弱い気圧の谷が

先ほど上空を通過したようです。









現在も特別にとりあげるべき体感感覚はありま

せん。



体感が無いのはとてもいいことですよね。





こういう時期は「地震」のことなど気にしない

で日々の生活を楽しんでいるのが一番です。











さて現在の「地震活動」及びエネルギーの状態

に目をうつすと・・



1つ見えてくるのが・・





「茨城沖」と「紀伊半島周辺」との地震エネルギー

の呼応





です。



以前にも話をしたことがありますが・・。





「地殻構造」に要因があるのでしょうね。



「茨城沖周辺」と「紀伊半島南西部周辺」では

地震エネルギーの≪やりとり≫があるようなん

です。





2.3週間前までは「茨城沖周辺」では群発的な地震

活動がありました。



現在も少し発生しています。





この「エネルギー」がどうやら今度は「紀伊半島

南西部周辺」に呼応してきたもよう。





べつに「大きな活動」というわけではありません

ので気にするほどのものではありませんが・・





現在は「紀伊半島南西部」で地震活動が表面化し

てきているようです。群発的な活動として。





さきほども言いましたが・・





この「連動」の中ではそれほど「大き目な地震」

活動となるようなことは過去の状況からはないよ

うです。



ただし



少々「群発的」な活動となるということだけでも

理解しておくといいかもしれませんね。











今日も気象的には「寒気」の流入があるようです。



「地震活動」も抑えられることでしょう。





「気圧の谷」が上空を通過中ですから・・





「耳鳴り」などを感じることがあるかもしれません

が・・





これは「気象性」のものと考えておいたほうがいい

かもしれませんね。




posted by ポッポ at 09:24 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月16日

冬型の気圧配置

こんにちわ。

今日も晴天の空模様です。ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい







本日も実に穏やかな「体感」です。



気圧配置をみてみると・・やはり典型的な





「冬型の気圧配置」



となっています。





日本海側からは「寒気」の流入による噴出し型

の雲も多くみられます。





寒気





の影響がとても強くなっているようですね。











そういう状況ですから本日も特別とりあげるべき

体感感覚はありません。





現在の地震活動も・・





北海道周辺

紀伊半島周辺





でだけマグマの活動によるものなのでしょうか・・



小規模地震活動が表面化しています。





ただ・・その程度。





まだ「高気圧」もくる気配がないので・・今日も

穏やかにすごせるのではないでしょうか。
posted by ポッポ at 13:51 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月14日

双子の低気圧

こんにちわ

今朝は気持ちの良い青空となっています。

ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい









今朝までの地震状況をみてみると・・



やはり平穏な状態が続いているようです。





基本的には今朝も「寒気」を感じることができる

そんな気象状況となっています。



やはり「寒気」の影響で「地震活動」は表面化せ

ずに平穏となっているのかもしれませんね。









気象状況といえば・・・





現在は「2つの低気圧」が東北・北海道周辺にあっ

て東へ抜けていくところです。





ちょっとこの「双子の低気圧」から感じることな

のですが・・。





岩手沖〜北海道南東沖





には≪土≫のエネルギー・・すなわち「地震エネルギー」

が存在しているように思えます。





「マグマの活動」に由来したものなのでしょうかね。



現在は低気圧にともなった「寒気」の力で動きはあ

りませんが・・



今後移動性の「高気圧」に覆われるような気象状況

となってきたときには「地震」が表面化する可能性

がありそうです。









現在「体感」感覚としては特別なものはありません。



無事平穏・・な状態が続いています。











前回記事に記載しましたが・・・





こんな「平穏な状況」にあっても・・





紀伊半島〜兵庫周辺





にかけては微振動・小規模活動という程度ではあ

りますが・・





「地震活動」が活発になっているのを感じさせて

くれます。



あくまでも「小さな動き」ではありますがこれか

らの動きは見守っていたいと思います。
posted by ポッポ at 09:05 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月12日

静かなる変化

こんにちわ。

今日は美しい青空が上空にひろがっています。









ここ数日は体感的には・・



やはりとても平穏な日となりました。





実際に地震活動としてもほとんど目立ったもの

はなかったようです。





昨日も低気圧が日本の南岸を通過していったと

いうこともあってか、「地震」に関する変動は

とても少なくなっていました。











現在全国的にみてみると「地震活動」が少し表

面化している地域としては・・





北海道東部〜東南部海域

九州南部



といったところでしょうか。





これらの地域は基本的にはプレート活動という

よりも・・





マグマの活動





に起因した地震活動のように感じています。



だとすると・・



それほど今後に大きな変動などをもたらすもの

ではないと思いますので、あまり気にしなくて

もよさそうですね。









現在も「体感」感覚としては特別とりあげるべき

ものはありません。





昨日と同様な感覚です。



ただ「自然エネルギー」の動きに感度を合わせて

感じてみると・・





少し変わった「変化」が感じられる地域もでてき

ました。





山形〜秋田周辺

紀伊半島〜兵庫周辺

静岡南部海域





といった地域です。



それぞれ少しずつ異なった「感覚」ではあるので

すが・・



共通しているのは・・





一気の「変化」・・というのではなく





じわじわと「静かなる変化」





という印象をもたせてくれるものでした。





現時点での印象を話するとしたら・・。







山形・秋田周辺



では「地震エネルギー」に繋がる地殻の≪歪≫の

位置が移動( ‥) ン?とでもいうような感覚にも

感じられます。(^_^;)



すぐに大きな地震などが表面化するということで

はないと思いますが・・



「変化」につられて・・



M4前後



の地震が発生することはあるかもしれませんね。



その場合でも内陸で発生となれば「震度3前後」

の揺れとなる可能性はありますから・・



ちょっと覚えておくといいかもしれません。







紀伊半島〜兵庫周辺



に関しては・・



大気中の「エネルギー変化」



とでもいうのでしょうかね。(^_^;)



もちろんじわじわとしたものなのですが・・





「電磁波」などが関連する現象



なのかも・・と推察しています。





以前記事としていた「大阪北部・京都周辺」で

の地震想定にも関連しているのかもしれません





基本的には上記「想定」はすでに期日的に想定

違いという判断をしているのですが・・



実際はまだまだ「小さな地震活動」が想定地域

に集約されて発生継続しています。





断層など



も周辺には多数ある地域ですから・・これらの

動きが「断層など」にも少しずつ影響を与えて

いて・・



≪小規模破壊≫→≪電磁波発生≫→≪大気の変化≫





となっていることも想像されます。



こちらも現時点では「地震前兆」などが発生し

ているというわけではなさそうですが・・



今後の動きに注視しておきたい感じです。







静岡南部海域





ではいままではあまり「変化」というものを感

じることがなかった地域でした。



ただ昨日あたりから・・軽度ではありますが・・



「マグマ活動」に起因しているような「変化」を

感じることができるようになっています。





これが「何をあらわしているのか」・・





正直現時点では不明です。(δ-δ;)ウーン





これから他の情報なども加味して「変化」の正体

というか・・動きの可能性を検証してみたいと

思います。
posted by ポッポ at 09:36 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」