;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2008年01月04日

やや地震活動上昇中。

こんにちわ。

今日も透き通った冬の青空てのスタートとなって

います。









現時点まで特別とりあげるべき体感感覚はありま

せん。









でも・・



傾向としては少しずつ「地震活動」が活発になっ

ているようです。



というか・・





地震活動が活発となる状況が整ってきている





ようです。





気象的な状況としては、現在も「寒気」の流入が

ある「冬型の気圧配置」なのですが



「気圧の谷」が高気圧の接近にともなって発生し

てきそうです。





おそらくは「南北方向」に形成されていきそうで

すから、日本全国にその影響はでてくるのかもし

れませんね。





とはいえ





「気圧の谷」といってもそれほど「変則的」なも

のではありませんので、あくまでももともと抑制

が強い状態となっている



地震エネルギーが存在する場所





に限って「地震活動の活性化」がみられるかもと

いう程度だと思います。





またあわせて





表面付近は「抑制」の力を受けているためなかな

か地震活動があらわれなくなっていますが・・





「深発エリア」では地震がわりと発生しています。





このことから「地殻プレート」の動きはやや活発

な傾向となってきているということが感じられま

す。





北米プレート

太平洋プレート

フィリピン海プレート



の3つそれぞれがやや活動が活発となってきている

のかもしれませんね。





特に「深発地震」の発生分布を見ると





北米プレートの活動





が気になるところです。



このプレートが活発となると





東北日本海側

埼玉・新潟・栃木周辺の内陸

北海道周辺海域

長野・岐阜周辺





へ影響がでてくることがありますので今後の動き

を注視していきたいと思います。





現時点では・・「やや電磁波形の感覚」をひろうこと

ができることから



伊豆半島・伊豆諸島周辺

宮城沖・岩手沖周辺



あたりでの小規模地震がある程度だと思っていま

す。



まあ気にすることはない程度だとおもってます。
posted by ポッポ at 09:11 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2008年01月03日

【体感地震予測】1227の結果報告

こんにちわ。

今朝も冬らしい空気と青空です。







さてまずは【体感地震予測】1227がありました

がその結果検証をしておきたいと思います。



結論としては





予測内容としては間違っていました。





が・・「体感」に関連する可能性の地震として

下記が発生しています。







31日23時41分頃地震がありました。

震源地は父島近海 ( 北緯27.6°、東経141.2°)で震源の

深さは約330km、地震の規模(マグニチュード)は5.5。震度2







上記地震は「発生規模」「発生期間」は予測範囲

内となっていますが・・



「発生地域」が予測とは異なっておりました。





この状況を検証すると以下のようなことが考えら

れます。









体感判断をする上で度々起こる1つの要素なので

すが・・。



上記地震のように「かなりの深発地震」の場合

に「地震前兆エネルギー」を感じる≪方向≫と

いうか



≪距離感≫



を間違えて判断してしまうことがあります。





というのも・・通常震源の場合と比べて「かな

りの深発」地震の場合には、実際に「感知」す

る方向として≪地中方向≫から感じてしまうの

です。



これは「直角三角形」で震源までの距離を考え

ていただければわかると思いますが・・。





かなりの深発の場合は「直角三角形」の長辺が

実際の「震源方向」になるためです。



そのため検証の上で・・





近距離での地震





と判断してしまうことがわりとあるようです。



いままでの傾向をみてみると・・





この場合においては「地震規模」としては予測に

対して大き目の規模となることがほとんどです。



ただし「揺れの大きさ」については「感覚」で判

断している部分が多いために予測内容とほぼ同じ

ということが多いようです。





今回はこのような結果と経緯であったと判断いた

しますので、予測経過観察はこれで終了としたい

と思います。



たいしたことがなくてなによりです。









現在は典型的な「冬型の気圧配置」となってい

ます。



ゆえに寒気の流入も安定した形で日本海側を中

心としてその影響があるようです。



ただし・・



気圧の「波形状」が通常は



「西-東」方向



となるにもかかわらず





現在はどちらかというと・・



「南-北東」方向



に少し偏った形で気圧分布が展開しています。





この「気圧分布」の形状により若干ですが小規模

な地震が「気圧分布の変化」がある地域・・





「東北地方太平洋側」



で発生しているようです。











また地震エネルギーの変化としては・・





大阪・京都周辺





で少し変化を感じます。





また再び衰退どころか・・地震活動が活発となって

きている傾向がうかがえます。



大気への「エネルギー放出」も少しずつ増えている

ように感じられますので、今後の経過には少し注視

の心構えをもっていたいと思います。
posted by ポッポ at 09:28 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2008年01月01日

あけましておめでとうございます。(o^∇^o)ノ

あけましておめでとうございます。(o^∇^o)ノ



いよいよ2008年が始まりました。



今年も昨年同様に「自然」・・もちろんその中の

一員である私達「人」にとってもとても大切な年

となりそうです。



本年もまたよろしくお願いいたします。(*- -)(*_ _)ペコリ









【体感地震予測】1227はまだ継続観察としていま

す。







昨夜「小笠原諸島周辺」で深発地震ですが「M5.5」

の地震が発生しています。



上記との関連は今後の推移の中で検証してまいり

ます。







posted by ポッポ at 13:06 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月31日

2007年・・ありがとう。(人-)

2007年もいよいよ今日1日となりました。



地球・自然にとっては「今日と明日」で時間的な

区切りがあるわけではないのでしょうが・・。

不思議なもので「季節の変わり目」とはまた違っ

た「感覚」を感じるのもまた事実です。



2007年・・。



皆さん個々にとってはそれぞれ様々な思いと体験

に満ちた時間であったかと思います。



「自然」にとってもどうやら1つの節目の年であっ

たようですね。



地球温暖化





というキーワードが一般的になってきた年となり

ました。



もちろん「地球温暖化」は今年に限って起きてい

ることなのではなく、長い年月の中で少しずつ蓄

積されてきている傾向です。



単にやっと多くの「メディア」や≪政治≫の中で

も取り上げられるようになってきたということな

のでしょうね。



まずは多くの人々に「認知」されてきたというこ

とはとても望ましいことだと思っています。







ただ



「情報社会」「情報の氾濫社会」



などといわれていますが、実際にはわりと「一方

的な情報」が短期間に繰り返し流されている社会

・・であるということを意識しておく必要があり

そうです。



実際「地球温暖化」という要素に関しても「人」

の手によって「CO2」が増加傾向となり・・それが

「地球温暖化」を招いている・・





という「印象」の情報ばかりが流れていますが・

・・・



はたしてそれは本当なのでしょうか。



実際「地球の温度」ということに関していえば沢山

の要素が存在しています。





自然循環の中でのわりと「短期的な気温変化」。



*自然環境の1つのリズムとして数十年単位でもと

もと「温暖」「寒冷」のリズムが存在しています。





地球が持っている「長期的な気温変化」。



*地球をの長い歴史の観点からみていくと一定の

リズムの中で「温暖期」と「氷河期」を繰り返して

いるのです。





これらの要素を除いては本来「地球温暖化」につい

ての検証などはできないはずですよね。











ここで認識しておきたいのは・・。





≪何か1つの情報を聞いたとき≫



にその事柄に対する「関連情報の数々」を入手する

ことをした上で、人それぞれが「自分で考え」1つ

の答え・思いを見出していく





という行動をとることが大切だということだと思う

のです。





「バイオ燃料」が環境に良い





という≪情報≫が流れてきたときにそれをそのまま

理解してしまうのではなく・・。





バイオ燃料を作るために多くの森林が伐採

されていっている状況があるのはどうなのか?



食料危機に陥っている地域もある中でバイオ

燃料の元となる「穀物」が・・手に入らなくなって

しまっている現状はどうなのか?





などという他の情報も手にいれた上で自分なりの

「思い」を創り上げていくことが大切なんだと思

うのです。





こういう「思考」を常に持つことができてたなら

ば・・





「バイオ燃料」→「環境に良い」





というような直結的な理解ではなく。





かならず





「バイオ燃料」+「森林伐採無し」+「食料の余剰穀物での対応」



→「環境に良い」





といったような本当に意味のある≪理解≫が得られ

ていくではないかと思うのです。





こういう「思考」があってこそ・・はじめて「地球

環境問題」などに対しても「対策」「対応の努力」

ができるのではないでしょうかね。





「地球温暖化」→「C02の増加が原因」





という単純な理解では本当の意味での「自然環境」

への対応がとれないのではないかと感じています。









2008年。



私としてももっと何か些細なことでいいんですが

・・・実際の≪行動≫として「自然」「地球環境」

と係わっていきたいと思っています。





やはりそのために大切なキーワードとしては・・。





共存の意識≪共生≫





なんだと思っています。



「自然との共存・共生」を心がける・・ということ

が自然環境を改善する力となると思うのです。





例えば・・。





「森林に手を入れる・伐採する」





という行動に関しても「人の利益・効率」だけを考

えて行動してしまうと・・



「森林の衰退」「自然破壊」



へと直ぐに移行してしまうことでしょう。





*利益・効率を求めるがゆえに一気に森林を伐採して

しまったり・・路を作ってしまったりするわけですから

ね。





だけど・・。





「丈夫な森林に育ってもらいたい」

「時間は多少かかってもいいから、立派な木を生み出

して・・それを活用させてほしい」



などという気持をもって接するのであれば・・





「間伐という行動をおしみなくすることができ」



その結果「樹木が立派に育つ」「森が活性化する」と

いう形で自然が生き生きとしてくるのです。





≪共存・共生≫の思い





はすごく大切なんだと思うんです。





この「共生」をなしえるためには・・。





効率

価値





という事柄に対して今一度その「実体」「内容」を

人々が個々に考え直してみる必要があるのではない

でしょうか。





最初に記したように



単純に「効率」「価値」というものを対象として

≪良し悪し≫の結果を導くことはできません。





どのような「条件」などがあった場合にどんな結果

なのか・・。



そんな思考方法で今一度見直していく必要が社会

全体としてありそうです。







例えば



「森林」を手入れしてくれる人々がいてくれることに

よって様々な恩恵をしらずのうちに受けていたりする

のです。





土砂災害の防止

河川増水災害の防止

地震による被害の防止

花粉症問題への影響の有無

野生の動物たちの人里出現



などなど



あげればきりがないほど沢山の要素に関連してい

たりするんですよね。



でも現在は・・。





「森林」に手をいれる人々がほとんど存在しなくな

っているようです。





後継者の不足

林業としての生活が成り立たない状況





など。



もちろん林業だけではありません。



農業では「山里」







漁業では「河川」「海」の環境



を人と自然との「共生」の中から良い環境を保ち

作っているという大切な側面があることもぜひ認識

しておきたいものです。





そういった「側面」に対して・・



人それぞれが・・どのように≪価値≫を見出してい

くのか・・。



こんなことが2008年は問われていくような年となる

のかもしれませんね。





私としては・・。





「価格」の高い・低い



というのは



「価値」の内容判断があってこそ、存在できるもの

なのだと思うのです。





「価値」を考える





という思考と



「価値」に対して報いる



という行動が一般的になることが望ましいと思って

います。





しかもできるだけ・・「目の前の要素」だけで判断

するのではなく・・





なるべく「多くの要素」「深い要素」まで思いをはせ

た上で「価値」を考える・・ということができるよう

になめといいなぁ〜と思っています。





この「思考」と「行動」がともなうようになれば・・。





自然環境にとっても良い影響がててくる。

自然との共生が広まっていく。



ということにつながっていくのではないかと思って

います。





地球にとって・・何をすべきか・・。





まずは人それぞれが「価値」を考える思考を深めて

いく事と・・それに報いる「行動」をとるようにす

ること・・





この気持が第一歩なのかもしれませんね。











「地震」に目を向けると・・。



2008年も日本の中では多くの地震が活発な姿をみせる

ことになりそうです。





現時点で想像してみても・・。



2.3月の季節

5月〜6月の初夏

7月下旬〜8月上旬の夏。

9月の初秋。



それぞれに大き目の地震発生の環境が整うようなそん

な地域もありそうです。





当ブログにおいては「体感」というなかなか一般的な

ものではないかもしれませんが・・



人が持っている1つの「感覚」を活用しての地震検証を

来年もまた継続していきたいと思っています。





少しでも「わかりやすい表記」となるように。



また



少しでも精度の高い内容となるような≪検証≫を心が

けていくとともに、多くの方々からのご意見や情報な

ども上手く取り入れながら「経験の積み重ね」を活か

していきたいと思います。





2008年もよろしくお願いいたします。(*- -)(*_ _)ペコリ



皆様も良き年明けを迎えることができるように願って

おります。





ぽっぽ。
posted by ポッポ at 09:57 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月29日

「寒暖差」の発生

こんにちわ。

今朝は雨模様となっています。







【体感地震予測】1227の経過観察中。











現在は体感地震予測の経過観察中です。本日は

雨のため・・若干期間が延びる可能性もありそ

うです。



注視しておきましょう。











昨日夜「耳鳴り」がありましたが・・これは「気圧」

変化による気象性のものと判断しています。





今日の気候を見てみると・・。





現在あきらかに・・



≪火≫のエネルギーが増加中



という感じです。





南からの暖かい大気がこれから流入してくるとの

ことですからその影響がすでにでているというこ

となのでしょうね。



気になるのは明日からの数日。





強い寒暖差による「揺さぶり」





が発生しそうです。



本日すでに≪東日本≫と≪西日本≫とでは違った

自然環境となっているかもしれません。



すくなくとも現在関東周辺では「暖気」による「火」

の影響がでています。





これが明日になると・・



強い寒気≪水≫



がやってくるようです。





強い≪水≫エネルギーが控えているのが感じられます。





このエネルギーはすでに本日「西日本」に影響をおよ

ぼしているかもしれません。





だとすれば・・。





本日は寒暖差の谷(境界線)が発生している可能性

がありそうですね。





そのような地域では「地震」発生にも注視しておきた

いところです。





明日以降は強い≪水≫エネルギーがゃってくることを

考えると短期間での寒暖差が・・地震発生のきっかけ

となることは十分に考えられそうです。





≪水≫の抑制の力が発揮されるまでの時間が注視。





東日本では・・



30日



は地震発生に注視したいところです。





境界線地域となりそうなエリア

能登半島〜岐阜・長野・山梨・静岡・神奈川・伊豆



は本日〜31日程度は揺れる可能性はありそうですね。
posted by ポッポ at 09:30 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月27日

またもや「体感感覚」が。【1227】

こんにちわ。

今日はやけに抜けるような青空です。











いよいよ今年もカウントダウンが始まるような

時期となりました。



せっかくの年末・・・・





昨日の地震で「自然現象」も大人しくなってく

れるかなぁ・・と期待していたのですが。





今朝は・・





「電磁波系」の体感を感知できる状況となって

います。_| ̄|●il|li



高気圧圏内となっていることが大きな要因とな

っているのでしょうね。





地震活動が表面化してきているようです。





一応【体感地震予測1227】として記載しておきま

す。ご参考としていただければと思います。







発生期間 27日〜31日までの想定。

発生場所 伊豆半島・伊豆諸島周辺〜千葉・茨城・栃木周辺

発生規模 M4.0〜M5.5程度(震度3前後)











状況説明したいと思います。





基本的には「危機感」はまったくありませんので

揺れる程度の地震と判断しています。



「電磁波系」の感覚が強いことを考えると直接感

知できる「地域」ということを踏まえて上記のよ

うな地域と想定しました。



方向性は明確でないため・・



近距離圏の周辺地域という判断です。





感覚的には「宮城沖」などの地震によって誘発さ

れてくる・・そんな動きのような気がしています。




posted by ポッポ at 10:45 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月26日

24日の【体感】結果報告。

こんにちわ。

今日は冬ばれというお天気です。









前回記事で「体感」感知したこと・・及び地震の予測

を記載いたしましたが



さっそく対応地震が発生いたしました。







25日23時04分頃地震がありました。

震源地は宮城県沖 ( 北緯38.5°、東経142.2°)で震源の

深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は5.6。震度3



24日19時39分頃地震がありました。

震源地は栃木県北部 ( 北緯37.0°、東経139.9°)で震源の

深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.8。震度4





26日08時39分頃地震がありました。

震源地は宮城県沖 ( 北緯38.3°、東経142.4°)で震源の

深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は5.1。震度3







上記は「発生期間」「規模」「地域」ともに予測

範囲内のため対応地震と判断いたします。





それでは結果検証したいと思います。



まず体感時点で「電磁波系」の感覚の「強さ」

と明確さなどから2つエリアでの地震の可能性

を考えました。







結果としてはそれぞれに対して複数地震体感と

いう形で地震が発生いたしました。





関東内陸部では



●栃木北部のM3.8。震度4





東北太平洋海域では



●宮城沖でのM5.6.震度3

●宮城沖でのM5.1.震度3





が対応していると判断しています。



内陸での予測に関しては発生規模こそ予測とし

いは小さいものとなりましたが、期間・揺れの

大きさ・地域は予測範囲のものでした。



「規模」については「複数地震」であったこと

で理解ができるものと思っています。







海洋での予測に関しては「期間」「規模」「地

域」ともに想定範囲のもので対応地震と判断い

たしました。



ただし26日に発生した地震はどちらかという

と25日の地震の影響によって誘発された地震

であると考えています。



ですから実際には25日の地震が24日の体感

の原因となったものと判断しています。



28日までの観察期間でしたが、該当地震発生

いたしましたのでこれで経過観察は終了とした

いと思います。



よろしくお願いいたします。











現在は特別な「体感」感知はありません。









自然エネルギーの変動という意味では再び・・





兵庫・大阪・京都周辺





での自然エネルギー変動が目立ってきています。





今後の経過を注視しておきたいと思います。
posted by ポッポ at 10:10 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2007年12月24日

せっかくのクリスマスですが・・「感知あり」

こんにちわ。

今日は陽射しが暖かい・・そんな絶好のお天気

です。







前回記事で記載したように・・・。





やはり「気圧の谷」の影響で下記のような地震

が発生したようです。







23日18時53分頃地震がありました。

震源地は青森県東方沖 ( 北緯41.5°、東経142.1°)で震源の

深さは約60km、地震の規模(マグニチュード)は4.8。深度3







規模としても想定した・・最大のものでしたね。

(^^ゞ



揺れとしては海洋でしたのでたいしたことがなく

なによりでした。











暖かい陽射しが降り注ぐクリスマスイブ・・。





気候条件が・・



整ってきてしまっているようです。





地震発生の・・。(^_^;)





昨日は「耳鳴り系」の体感感知がありました。





かなりはっきりとしたもので「気象性」のも

のではないと判断しています。





また



本日は「電磁波系」の影響が「体感」として強

くあらわれています。(・"・;) ウッ



ちょっと・・困るほど_| ̄|●il|li





せっかくの・・イブなのに・・こんな話は書きた

くはないんですけどねぇ。(^_^;)





一応大々的には書かないように、簡単に予測を記

しておきたいと思います。









発生期間

本日〜28日までの想定。



発生場所

神奈川県〜千葉・茨城周辺



*福島〜宮城沖周辺くらいの可能性もありそです。





発生規模

M4.5〜M5.8程度(深度3前後)







今後の気象状況にもよりますが「寒気」がやって

くる前に「高気圧」などの影響をうけるようだと

・・・



少々揺れが「大きく」なるかもしれません。

震源位置によっては



震度5



まであるかもしれません。









日本全体的にも「地震発生」の条件が整ってきて

いるような気象状況です。



地震エネルギーの蓄積を感じることができる





兵庫〜大阪・京都

紀伊半島周辺「西」

秋田周辺

北海道南東部〜東部〜千鳥

四国西部周辺





の地域では今後の「変化」の有無などに注視

しておきたいところですね。


posted by ポッポ at 14:51 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」