;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2006年12月19日

【体感地震予測】1213の結果追記

こんにちわ。

今日はいまのところ曇天です。しかも寒い。









さて昨日記事を書いて以降・・下記の地震が発生しま

した。





18日16時28分頃地震がありました。

震源地は茨城県沖 ( 北緯36.8°、東経141.5°)で震源の

深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は4.6。震度2.







この地震は・・昨日結果検証しましたが・・。





【体感地震予測】1213



に対応した地震の1つと判断します。





今回複数地震として13日に「体感」できた地震前兆

の結果が現れています。





発生した場所などから考えて・・・



一連の地震活動の1つと判断しました。





今回の地震を加味すると・・・





やはり最初の「地震エネルギー」はわりと大きな

エネルギーが存在していたことになりますね。





特に≪茨城≫周辺での地震エネルギーが・・・。







とにかく「分散」してなによりです。











さて今朝時点でははっきりとした「体感」は感じ取

れていません。





少々微妙なのが・・・



今朝早朝(夜中(・−・)・・・ん?)・・



眠っている最中に「耳鳴り系」のはっきりとした

「前兆体感」があったような・・・記憶はあるので

すが・・・





なにせ・・



寝ている時の話ですので・・まったく正体がつかめ

ません。



「夢」かもしれないし・・・(^_^;)











どちらにしても、前回記事でも記したように・・





気象状況として「地震」が発生しやすい状態に

なっています。



実際小規模地震は各地で発生しているもよう。





今日明日はこんな傾向が続く可能性があります

ので・・・



「小規模地震はあるかも」







と認識してあくといいのではないかと思います。
posted by ポッポ at 09:38 | TrackBack(3) | 過去記事「文章」

2006年12月18日

【体感地震予測】1213の結果検証

こんにちわ。

今朝は気温が低いものの良い天気です。



先週末は四十九日の法要で長野県にいってま

したが・・天気のほうも無事に「雨」にもなら

ずすみました。



(^人^)感謝♪







さて早速ですが・・・。



【体感地震予測】1213の結果検証をしたいと思い

ます。





まず観察期間中に下記のような地震がありました。







14日19時13分頃地震がありました。

震源地は茨城県南部 ( 北緯36.0°、東経140.1°)で震源の

深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は3.8。震度2





16日20時34分頃地震がありました。

震源地は茨城県沖 ( 北緯36.3°、東経141.8°)で震源の

深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は4.2。震度1





16日19時00分頃地震がありました。

震源地は静岡県中部 ( 北緯35.2°、東経138.4°)で震源の

深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は4.0。震度3







まず結論から考えると「今回の地震体感」には上記

3つの地震全てが関連していたようです。





まず「体感時点」の感覚上のポイントとしては・・・。





「揺れ」はほとんど感じないかもしれないけれど

も「地震エネルギー」はやや大きいかも。





という感覚がありました。



ゆえに「予測の判断」としては「海域もしくは深発地震」

の可能性を考えたわけですが・・・





結果としては・・





複数地震





ということで発生したようです。





「複数地震」ということですから・・「揺れ」はたいした

ことがない・・と体感されます。





また・・地震エネルギーの規模についても・・



「総合計」でのエネルギー量を感じてしまいますので

体感時点で感じた感覚に対応した結果と判断しました。







発生地域に関しても・・。





富士山-鹿島神宮の路





に沿った地域での地震発生となりました。



ただ・・「複数地震」という予測をしていなかったこと

もあり・・





「茨城周辺」





に絞って「予測」をたてていましたが・・



同時に「反対方向」である「静岡中部」での地震も

今回発生しています。





これらの3つの地震の前兆がある程度重なって「体感」

に影響していたのだと判断しました。











どちらにしても・・・



1つの地震規模として「たしいたことがない」地震で

なによりでした。





現在気象状況として・・・「地震」がやや発生しやすい

状況と思われます。





前兆「体感」は現在ありませんが・・・一応心の中で

はそういう状況なのか・・・と理解しておかれると

いいかもしれませんね。






posted by ポッポ at 10:45 | TrackBack(5) | 過去記事「文章」

2006年12月14日

【体感地震予測】1213継続情報。

こんにちわ。

今朝は雨上がりの曇り空となっています。





【体感地震予測】1213経過観察中。









まずはご連絡。





明日午後から日曜日いっぱい外出となります。



よってその間は【記事更新】はできません。



18日月曜日の記事更新となると思われますの

でよろしくお願いいたします。









現在【体感地震予測】1213を経過観察中となって

います。



その継続情報という形になりますが・・・。





やはり今朝方にも「地震前兆エネルギー」を体感

することができました。



地震発生に向けて徐々に「崩壊」(^_^;)が始まって

いるようです。







特に「今朝」



東京湾区域で小規模ながら地震がありました。





これはおそらく、上記予測地震の活動に連動して

発生した前駆活動ではないかと思っています。







エネルギーの「体感」状況として・・・・。







はっきりと・・「電磁波系」の感覚で

捉えることができますから・・。





やはり地震の発生源としては・・。





関東近圏(A区域)



及び



自然路上のB区域



が最も可能性が高そうです。







やはり・・「千葉・茨城・東京湾周辺」が一番注視

しなければいけない地域となりそうです。













この「体感」感覚から考えて・・・



久しぶりに「東京・神奈川県」でもわりと範囲が広く

しっかりと「揺れそう」です。





しかも・・・やはり・・・というか・・・。





またもや丁度私が・・明日から関東を離れ「長野」へ

移動することになっていますからね。





ははは・・・不思議だ。(;一_一)





「雨」の影響などで「発生期間」については若干変動

があるかもしれませんので、関連期間は注視しておい

てくださいね。





「揺れ」たいしたことがなくても・・この季節は・・



火の元





の管理には十分気をつけなければいけませんから。
posted by ポッポ at 09:44 | TrackBack(2) | 過去記事「文章」

2006年12月13日

【体感地震予測】1213

こんにちわ。

今日も天気はいい状態を保っていますね。







さて・・。



やっぱり・・というか・・晴れの影響からか・・



地震活動が活発となってきたようです。



先週末の感じでは今週中盤は「寒気」が入ってきてその影響

が強くでる・・・



いわゆる「地震活動」おとなしめに・・・と願っていたので

すが・・



どうやら・・そうもいかないもよう。





今日の昼前ころにはっきりとした「地震前兆体感」がありま

した。





ただ・・これまた移動中での出来事。(ーー;)



ちょっと分析しずらい所はありますが・・はっきりとしたも

のなので「体感地震予測」として取り上げておきたいと思い

ます。





まずは予測から。











発生期間 13日〜17日までの想定。



発生場所 千葉・茨城周辺及び福島〜宮城沖海域。



発生規模 M5〜M6.5(震度3前後)



















場合によっては東京・神奈川でも揺れを感じそうです。







それでは「体感状況」の説明をしておきたいと思います。





今回は「直接的」な「体感」及び自然環境「雲など」から

感じる感覚の両方から「地震前兆」と判断しています。





特に「体感」としては「電磁波形」のものを含んだ感覚

ですので・・≪自然路≫を考慮すれば・・。





関東「A」地区



もしくは



「富士山-鹿島神宮の路」の影響下の地区





と判断できました。





この中でも「方向性」を加味して考えると・・。





後者の「自然路の影響下地区」と判断した次第です。







また・・・



はっきりとした「前兆」が確認できたことから・・。





地震のエネルギーはやや大きい可能性





をもっていると考えました。







ただし・・「危機感レベル」を考えれば・・。





やや危機感を感じる





というレベル。





ゆえに・・神奈川周辺で「揺れ」を感じる可能性がありま

すが・・「規模」とくらべて「揺れ」の影響は少なそう

ということで・・・





基本的には・・。





海域及びやや深い震源の地震





と判断しました。







前回記事とあわせて考えてみてもこの方向性が可能性

として高そうだと思っています。





「冬」の季節となりました。





火の元



だけは注意しておきましょうね。(*^▽^*)
posted by ポッポ at 14:08 | TrackBack(6) | 過去記事「文章」

2006年12月11日

【地震】の可能性検証。

こんばんわ。

本日二度目の記事となります。







今日の記事へのコメント欄の中で「横浜きりんさん」

からご質問&情報提供をいただきました。









今日の気象現象≪特に雲≫から関東で少々気になる

「雲」を見かけたのですが・・単なる気象性の現象で

しょうか・・・。









というような情報をいただきました。ペコリ(o_ _)o))







で・・・実は少々気になる「感覚」を持ちあ合わせていま

したので「気象状況」などを踏まえて「現状」検証をし

てみましたので経過をご報告したいと思います。







まず・・。





今日の「高気圧の位置」「移動状況」などを考察する

と・・。



「関東」「東北」の地域では「冬の季節」による現れ

る・・



筋雲

帯雲





は発生しやすい状況にはあったようです。





でもね・・・「自然エネルギー」の状態を体感把握して

みた内容と照らし合わせると・・・





「気象状況だけで筋雲・帯雲が発生した」





とは断言でき無い感覚があるのもたしかなんです。









実は・・。



「昨夜」から「今朝」にかけて・・数回「耳鳴り」体感

が発生しているんです。



しかも・・



「無音の耳鳴り」体感がかなり含まれています。







でも・・・丁度・・そんな「耳鳴り」がある時に・・



「移動中」たったり・・





「他に集中しなければいけない動き」をしていたり・・





と≪判断≫ができない状況だったんです。(^_^;)はは。







ですから・・・



まあ・・様子をみていたという状態だったのですが・・。











というわけで・・「予測」を立てることはできる状況

ではありませんが・・。





≪現況≫と≪自然路≫の考えを考慮してみると以下の

ような可能性は見えてきます。













まず・・現在の「地震活動状態」から考えてみると・・。





紀伊半島周辺にて活動が活発となっています。





これは「連動性」から考えて・・。





「紀伊半島」と「千葉・茨城沖・福島沖周辺」





がお互いに共鳴するかのように活動を繰り返している現状

が伺えます。





その現実から・・。





1)茨城沖・千葉周辺(図の赤色区域)





での揺れる程度の地震の可能性が考えられます。



ただ「危機感の有無」「直接的な体感感覚」から考え

もこの地域での地震はたいしたことはない程度と思われ

ます。



せいぜい・・「震度3程度」ではないでしょうか。









次に・・。





「無音の耳鳴り」





に焦点をあてて考えてみると・・。





2)北海道南東沖・青森沖〜三陸沖周辺(黄色区域)





での地震の可能性が想像されます。





これは「無音の耳鳴り」の特性を自分なりに解釈した

上での話しなのですが・・・。



通常の「音」がはっきりと聞こえる「耳鳴り」の場合

は「直接的に前兆エネルギーなどが伝達されている」

と考えるのに対して・・。





「無音の耳鳴り」の場合は・・。



通常「体感感知」されないところ(地域)から、やや強引に

突破して・・伝達されてきた「前兆などのエネルギー」





を捉えていること・・と理解しているのです。







あくまでも・・・私的にですけどね。







これは何を意味しているのかというと・・。



「無音の耳鳴り」の要因となっている「エネルギー」は

やや大きい・力強い存在であって・・



伝達を通常は阻む・・障害を突破して伝わってきている

「体感」である。





ということなんです。



ですから・・。





体感区域(関東a区域)ではない

自然路の範囲内ではない





ということが推察されるわけです。





この情報に加えて・・本日の「雲」の状態を検証する

と図の「黄色区域」が該当しそうだ・・



と判断したわけです。





仮にここの地域で「地震が発生」するのだとすれば・・。





地震エネルギーがわりと大きい地震





と考えられます。

ただし・・この場合は「震度」が大きいとは限りません。



発生状況によって変ってくると思われます。















ここまでの話はあくまでも「気象状況検証」を中心

として想定ということになります。





まあ・・「耳鳴り」体感を合わせてかんがえた場合

・・。





地震が起こるとしても・・





3日以内





が原則となりそうです。



ですから・・一応気にかけるとすれば・・。





14日まで





と考えておけばいいのではないでしょうか。




posted by ポッポ at 19:11 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

「体調」影響への1つの要因。≪自然路にて≫

こんにちわ。

今日は高気圧に覆われた良い天気となっています。

でも・・・明日からは再び下り坂もよう・・・。









昨夜は夜中の1時前ころの就寝でしたが・・・



無事普通の睡眠をとることができました。





で・・・今朝。





地震関連情報を眺めていたら1つ気になる地震が。





「奄美大島周辺でM5.6 の地震」があったようです。





この地震の起きた場所について少々考えてみたところ

・・・





「富士山-鹿島神宮の路」





を延伸していった先の領域とっなています。



図にすると下記。



















この「富士山-鹿島神宮の路」がいったどこまで続いて

いるのか・・・は実際のところ不明なのですが・・





奄美大島まで続いているとは思えません。(^_^;)





きっと「富士山」と「紀伊半島」までの間で止まって

いると思います。





ただ、前に記事としましたが・・・。





図でいう「黄色い扇形範囲」の「エネルギー」は収集

されて「自然路」を流れていく・・・





と考えられます。







ここであらためて、整理してみると・・。





一昨夜「睡眠時」に不思議な影響がありました。

(実際は二日続けて)





この現象を≪自然路≫の考えに乗せて検証すると・・。





今朝の「奄美大島周辺」の地震前兆(エネルギー)が

「富士山-鹿島神宮の路」を経由して伝達されてきた。





その影響が「体感」にあらわれた。







と考えることができそうです。





実際昨夜は「普通の睡眠」を得ることができましたか

らね。(^_^;)







また・・今回の「奄美の地震エネルギー」がなぜ体感に

はっきりとした影響を与えたのかと考えてみると・・。





「富士山以西」の流れの方向はわかりませんが・・。





少なくとも・・。





「富士山→鹿島神宮」へ自然のエネルギーの流れがある

ことは前回記事にしたとおりです。





そう・・「奄美大島」から考えると・・





この「自然路の流れ」は順方向。





私の所在地からみると・・「奄美大島での地震エネルギー」

が「富士山-鹿島神宮の路」の順方向の流れに乗って(もしくは

加速されて)到達してきた・・。



と考えられそうです。





そう・・順方向の流れですから「そのまま流れやすい」もしくは

「加速されて」伝わってきたがゆえに・・





「体感」へ大きな影響を与えるにいたった。





と筋道をたてて考えることもできそうですね。



(ノ´▽`)ノオオオオッ♪



そうか・・・・。うむうむ。





となると・・今回のように「体感」への影響度合いから

考えると・・。





西日本側の「扇形範囲(図の黄色)」



での「自然エネルギー」「地震エネルギー」のほうが



東北川の「扇形範囲」



での「自然エネルギー・地震エネルギー」よりも体感

に対して大きく影響を与えやすい存在である。





といえるのかもしれませんね。





今後の予測・想定に生かしていきたいと思います。はい。











現在地震前兆となる≪体感≫は感じていません。





が・・・・





どうも「自然・地震エネルギー」としての大きめな存在

を継続して感じています。





今後の経過を注視しておきます。
posted by ポッポ at 09:39 | TrackBack(6) | 過去記事「文章」

2006年12月10日

続編の地震あり。

こんにちわ。

今日は天気も回復・・きれいな青空が広がって

います。







夜中に遠方ながらも下記地震がありました。







09日23時50分頃地震がありました。

震源地はオホーツク海南部 ( 北緯46.9°、東経147.7°)で震源の

深さは約420km、地震の規模(マグニチュード)は6.0。震度2。







この地震は7日の記事に書いた「自然エネルギーの変調」

に対応した地震のようです。



丁度3日後ですしね。





これで北海道方面で2つ目の地震ということになりまし

た。複合的な変調であったと判断しています。











地震といえば・・・・



昨日昼から今朝方にかけて「千葉県周辺」で地震が数回

発生しています。





「地震」・・・おとなしくなるかも・・





と思ったのは大間違い。ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?





この要因は日本の南を通過していった「低気圧」の進路

にありそうです。





もっと普通に通過して≪高気圧≫に包まれると思ってい

たのですが・・・。





来る予定の≪高気圧≫は消滅し・・



移動中の≪低気圧≫は前線の活動をやや活発化させて

いきました。





そう・・・





局所的な≪差≫(寒暖・高低)





が発生したようです。



関東〜九州の太平洋側に沿って。





前線の形が見事に弧を描いていましたからね。(^_^;)



で・・特に・・・





局所的な≪エネルギー差≫が発生した地域が



千葉周辺





となったようです。





丁度「千葉」のあたりで・・「前線」が途切れ・・



高気圧の影響範囲と微妙に≪差≫をもった範囲と

なっていました。





もちろんすべての「前線」がそういう・・自然エネルギー

の「差」を有しているわけではありません。





今回は・・たまたまそういう「差」が発生した

ようです。











さて・・



現時点で取り上げるべき「体感」・・地震前兆体感

はありません。







でも・・・なんかの影響を受けているようなんです。





何せ・・昨夜・其の前の夜と・・・



まるまる一夜≪半覚醒状態≫が続いているのです。(*ノ▽ノ)イヤン





「夢の世界」へなかなかいけないじゃん・・(;一_一)はは。







単に寝つきがわるいとか・・



そういうレベルのものではありません。(;一_一)



じゃあ・・何・・・(・−・)・・・ん?





半分覚醒している状態ですから・・夜がものすご〜く

長いでつ。(^_^;)ははは。





現時点で想像できることとすれば・・。









1)千葉周辺での活発な地震活動の影響





2)どこかに存在する「大きな地震エネルギー」の変動

があり・・その影響。



3)その他









となりまつ。





もしかしたら・・・≪念≫の影響か・・(;一_一)あははは。







どちらにしても・・



今後の経過をみなければ・・検討がつかないので・・

これから注視しておきたいと思います。




posted by ポッポ at 09:39 | TrackBack(6) | 過去記事「文章」

2006年12月09日

地震を起すきっかけ。

こんにちわ。(*^▽^*)

今日はかなり冷え込んだ気候となっています。







今日は大分・・・気温が低い朝を迎えています。



日本列島全体的に「雨模様」の1日なのかもしれま

せんね。



そんな気候なのですが・・。





日本はどちらかというと「高気圧」の圏内に包ま

れているようです。





ただし・・≪寒気≫をつれて。(^_^;)







微妙なエネルギーバランスとなっているようです

が今日・明日は「地震」に関しては大人しい日と

なるのではないでしょうか。(*^.^*)









当然「体感」感覚としても特別に取り上げるべき

ものはありません。











地震が起こるとき・・さまざまなきっかけがあったり

しますよね。



もちろん・・特別なきっかけなどなく・・。



限界に達して「地震発生」ということも度々あります。





しかも・・・



「きっかけ」が存在しているからといって「地震」が

発生するというわけではありません。





実は「きっかけ」となりうるものを列挙しようと思っ

たらものすご〜く沢山書くことになっちゃいます。(^_^;)







ですから・・・。





「きっかけ(要因)」があったとしても基本的には「地震」

を恐れる必要はない。







ということですよね。



そんな毎日・・「地震」のことを考えておく必要はありませ

んし・・。(^_^;)





やはり・・。





「きっかけ」を気にするよりも・・。





「地震」が起こり始めたときの≪前兆≫を捉えるのが基本

ということなのかもしれません。





さらに言えば・・。





別に「前兆」がわからなくとも・・。







地震が起きたときの≪対応≫





をきっちりと決めておけばいいということになるので

すけどね。(*^.^*)





とはいえ・・「地震」が発生したときに・・







「どんな場所」「どんな状況」にいるのかは日々違い

ますよね。





そういう意味で・・天気予報のごとくに・・・。







「ここ三日間くらいは地震の可能性があるのかぁ・・」





という具合になんとなく、思えれば・・。



その三日間の行動を「思い描いて」・・「対応」を取る

ことができるようになりますからね。







地震予測







というよりも・・。





地震予報



になるといいんですけどねぇ。(*^▽^*)
posted by ポッポ at 08:55 | TrackBack(5) | 過去記事「文章」