;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2006年12月29日

記事更新のスケジュール

こんにちわ。

今日もとてもすばらしい青空に恵まれています。







さて多くの方が「仕事納め」を終えて・・・本格的な

年末に突入したことと思います。



私自身も家の掃除など・・・



年末仕度はこれからの予定。









今年も多くの方々から暖かい「言霊」を数々いただく

とともに・・・



新しい出会いも豊富な1年となりました。





これも「ブログ」というツールを介して・・新しい形

での「ふれあい」が増えたことによる賜物だと思って

います。





本当にありがとうございました。(*^▽^*)



(^人^)感謝♪(^人^)感謝♪









当ブログの更新予定をお知らせしておきたいと

思います。



おそらく・・下記のような感じで記事更新をさせ

ていただくことになるのではないかなぁ〜と思っ

ています。









30日 ⇒お休み

31日 ⇒2006年の自然動向を振り返って・・及びご挨拶。



1日 ⇒新年ご挨拶。

2日 ⇒≪大発表≫これからの自然動向『地震』。



3日〜8日 ⇒不定期更新。

9日以降  ⇒通常更新







特に今回は・・・

体調などに何事もなければ・・・(^_^;)



2日



に少々大胆な記事を掲載したいと思っています。



実は、ここ数日の間に≪夢の世界≫で知りえた

ことがあるのです。



もちろん・・≪地震≫に関して。(^_^;)





また、ここ数日の「気象条件」のおかげか・・・。

地震エネルギーの存在状況



をかなり鮮明に感じることができました。



まれなことなんですけどね・・。







これらの内容がこの12月の一連の「自然動向」の流れ

に一致する部分が多くあり・・。



1つの≪想定≫





が思い起されるにいたりました。





ただ通常記事にさせていただいてる・・





「体感」感覚の報告





という形式からすると・・風合いが大きくことなり・・。





≪ファンタジー≫・・(・−・)・・・ん?



いやいや



≪ミステリー≫・・(;一_一)ははは



小説のような感じにも思える内容となりそうです。





ですから・・



様々な「影響」などを考慮して・・。





ここの「ブログ」では 核心には触れない形となる

かもしれませんが・・・



少々あいまいな表現で「状況」を記載していきたい

と思っています。





ご容赦を。ペコリ(o_ _)o))







その代わり・・。



現在購読していただいてる方もいると思いますが・・。





メルマガ版 ポッポの≪体感≫地震予測日記





にて、より具体的な表現にて・・・



≪ファンタジー小説≫・・ヾ( ̄o ̄;)オイオイ



いや・・



≪ミステリー小説≫・・ヾ( ̄o ̄;)オイオイ



ははは



来年及びそれ以降の≪地震≫動向に関する推察





を何回かにわけてお伝えしていきたいと思って

います。









現在新しい「体感」感覚はありません。





ただ・・昨日記事としたように・・・





気象条件としては「今日」は地震の発生の可能性

が整っていると考えられます。



心の準備だけはしておきましょうね。(*^▽^*)




posted by ポッポ at 11:44 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2006年12月28日

昨日の天気は自然の「大掃除」

こんにちわ。

今日現在も穏やかな気候となっています。

若干暖かい感じも残っていますね。







今日から明日にかけて・・昨日記事としたように・・。



局所的な『差』





が発生しやすい状態となっています。





突発的な自然現象「地震など」





には注視しておきましょうね。











現在特別取り上げるべき「体感」感覚はありません。









今年もあとわずかとなってきましたね。



今日が仕事納めの方も多いのではないでしょうか。





年末ここにきて・・少々「自然状態」が騒がしい

日々が続くようになっていますが・・。





基本的には・・





年始正月





は平穏な環境が整うものです。





不思議と・・。(*^▽^*)





昨日の『青龍』の到来は・・。





やっとこれから「冬」がくるよ。







という伝達であったようにも思えます。



実際今年本格的な大きな「青龍」が来たのは初めて

かも。





また・・同時に・・。





新しい年へ向けて・・今年降り積もった様々な

「塵」や「不要な残り物」を『雨』や『風』できれい

に掃除してくれたのではないでしょうか。





本当の意味で「清らか」で「凛とした」・・≪冬≫の精

が・・・・・



この地に舞い降りてこれるようにと・・・





「大掃除」をしてくれたんでしょうね。(*^▽^*)







そう考えると・・・我々「人々」も・・・



「新しい年」「冬」を迎えるための準備として・・。







今年1年で積もった「塵」・・



家の中

職場の環境

自分の体



・・・そしてなんといっても・・



「心」の塵





をしっかりと掃除しておきたいと思います。
posted by ポッポ at 10:47 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2006年12月27日

気象条件から「地震発生」に注視。

こんにちわ。

今日は「台風一過」のごとくに少々暖かい青空と

なっています。







現在も東北地方では「発達した低気圧」の影響が

でているのではないかと思います。



昨日の≪雨≫は・・





朝の時点で・・≪青龍≫の存在を十分に感じることが

できた「雨」でした。



やはり・・というか・・危惧したように・・



普通の低気圧が・・急激に成長を遂げて・・





台風並み



の存在へと変化しました。





現在も影響がてでいる地域があるかと思いますから

注意が必要かと思います。











さて少々「暴れん坊」の≪青龍≫くんが飛来したと

いうこともありますが・・(^_^;)



現在及びこれからの≪気象条件≫の想定から考える

と・・・・。





非常に「地震」が発生しやすい条件







が整った状態となることが予測されます。





極端な≪寒暖差≫





が生じるためです。



特に≪差≫が生じている接点付近では様々な自然

現象が発生しやすい状況となります。





流れとしては・・。



本日≪暖気≫【火】が南から進入してきてい

ます。この季節としてはかなり強い【火】の力

です。





明日は北より強い≪寒気≫が流れ込んでくる

ことが想定されます。



しかもその「寒暖差」の境界線は日本列島を

部分的に通過する形となりそう。





局所的な≪差≫が発生。



という流れです。





また・・



自然エネルギーの観点から考えても・・・・。





本日の【火】のエネルギーが・・。



【土】を活性化。





明日へかけて≪寒暖差≫が近づくことにより・・。



【風】のエネルギーが増大。(昨日も同様)





この【風】がさらに・・



【土】を活性化+地震の発生を誘発。







という条件が整っているというわけです。





年末となったこの時期に・・(^_^;)という感じです

が・・





本日〜29日まで





だけでも【地震】の発生に注視しておかれることを

望みます。(*^.^*)



少々大きな地震の発生が考えられますからね。











昨日の記事の続きを裏付ける出来事「地震」が今朝

発生しました。





台湾付近で「M7.1」程度の地震が発生





したようです。





この地震は昨日の「佐渡周辺」での地震と同じ経過

の中で発生した地震と考えています。





そう・・・。



ユーラシアプレートの動きが活発になっている





ことに由来したもの。



あらためて「ユーラシアプレート」の動きの力が

大きいことが理解できます。















ユーラシアプレートの境界線にはいわゆる・・・。





中央構造線





という断層が存在しています。



今朝の「台湾」での地震もこの「中央構造線」の上

で発生したものです。





図をみるとわかるように昨日の「佐渡」での地震も

この「中央構造線」の上で発生したものです。





となると・・・。





現在≪大きな地震エネルギー≫の存在が感じられる



図の「1」「2」「3」(この中のどこかに存在あり)

の地域での「大きな地震」発生が危惧される状況が

さらに高まったと考えることができそうです。





特に「2」「3」の地域は体感で前兆を捉えることは

難しい地域となっています。





ここ数日の記事に記したように・・・。





地震発生の「気象など」条件が整っていますから・・





心の準備だけはしておかれるといいのではないで

しょうか。
posted by ポッポ at 10:34 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2006年12月26日

「佐渡の地震」から考えること。

こんにちわ。

今日は久しぶりにかなり大降りの本格的な雨と

なっています。







今朝下記な地震がありました。





26日05時17分頃地震がありました。

震源地は佐渡付近 ( 北緯37.8°、東経138.2°)で震源の

深さは約30km、地震の規模(マグニチュード)は4.9。震度4.





この地震は場所的に「地震前兆」を直接捉えること

はできませんでしたが・・・。





ここ周辺での「地震の発生」は最近の状況的には

十分考えられる地震となっています。





基本としては・・





ユーラシアプレートの動き「活発化」





に伴って発生した仕組みと考えています。









ただここで単に「地震が発生しました」と結果を理解

するだけではいけない「地震」であるように思えまし

た。





ですから・・少々・・ここまでの流れを加味しながら

検証してみたいと思います。





まず「夏〜秋」にかけて



北米プレートの活動が活発





となっていました。



この動きによって・・・・・



北海道太平洋側

東北太平洋側

青森日本海側

茨城周辺



などで小規模・中規模の地震が多く発生。



能登半島・長野周辺の深部





では深発地震が発生。



最終的には



千島列島



での大規模地震(M8クラス)の発生という形で終焉

を迎えました。





ただ・・「北米プレート」の移動に伴う≪歪≫が

小規模地震活動などという形で開放されずに・・



エネルギーが蓄積されたままとなっている地域





が存在しています。



それが・・・。





能登半島周辺

長野県周辺

佐渡周辺





となっていました。











北米プレートの動きが終焉を迎えた後・・12月になって

から





ユーラシアプレートの動きが活発





となってきたわけです。





「ユーラシアプレート」の動きは「北米プレート」から

見ると丁度反対方向からの動きとなっています。





何事もそうですが・・・



一方向から「力」が加わっていた状況に対して・・



反対方向から続いて「力」が加わってくると・・接点で

の≪歪≫が容易に開放されることになります。





その流れの1つとして・・





今日の佐渡周辺での地震





が発生したと考えているわけです。









図1









上図は20日の記事で使用したものです。



この中で≪3≫の地域に関しては・・上記の流れの

中から考えて・・最も「地震の発生」が危惧される

エリアと思っています。



特に



「深発地震」という形では「エネルギーの開放」が

あった場所ですから・・



その影響が地表付近に現れるのがいつころになるの

かが今後のポイントと考えています。











図2









さて次に「プレート」の動きではなく・・。





別の見方から考えてみたいと思います。





図2は「自然路」の考え方を説明したときに使用した

図です。





今回の「佐渡の地震」は・・





皇居-赤城山の路



の上に乗っている地域で発生した地震です。





地震規模(M4.9)から考えるとそれほどたいした

ことはないものの・・



地震エネルギー開放に伴ったエネルギーが自然路

を流れていったことは想像できます。





ただし・・・



他の地震を誘発するほどの「力」はないと思ってい

ます。







20日の記事で「図1」の「4の地域」ではしばらく地震

活動が続くだろう・・と記載しましたが・・



実は「4」の地域と囲ったエリアにおいても実際は・・





「図2」でいうと・・



「a」

「c」



の2つの地域ではその発生要因が異なることはお解かり

いただけますでしょうかね。





自然路の流れが異なっている





ということです。











単純に考えれば・・



今朝の「佐渡の地震」が「c」「e」の地域に影響

を与えるのかどうか・・がポイントとも考えられます。





ただ先ほども記載したように・・



「M4.9」程度の地震ですから・・たいした影響はない

だろうと想像できます。





となると・・・・・・。(・−・)・・・ん?





逆説的に考えてみると・・。





「c」もしくは「e」の地域に大きな地震エネルギー

の存在があって・・その影響が「佐渡」に現れた・・。





という考え方もありそうですね。





この思考に沿って考えると・・。





現在茨城周辺「a」で小規模地震が多発していますが

・・・。





この動きも・・。

「c」or「e」での「地震エネルギー」が影響している

・・・





とも考えることができそうです。









どちらにして・・上記はあくまで推測の1つです。





今回の「佐渡」での地震が単純に「ユーラシアプレート」

の動きだけによって起されたものであれば・・



問題ありません。





ただ「自然路」を介した形での「相互影響関係」も

頭にいれておく必要があると思っています。











長くなりましたが・・



実は現時点で・・「雨」にもかかわらず・・少々

「体感」感覚に特徴のあるものを感じています。





ただ・・「雨」の影響が大きく判断できていませ

ん。





考えられるのは「c」地域での地震活動。





経過を注視しておきます。何かわかりましたらまた

記載いたします。(*^▽^*)
posted by ポッポ at 11:16 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2006年12月25日

慌しい一週間

こんにちわ。

とうとう今週が今年最後の週となってしまいましたね。

早い・・・(・"・;) ウッ







昨日は日曜日の「クリスマスイブ」。



今日が「クリスマス」となっていますが・・今日はかなり

「クリスマス」の雰囲気は薄れているように思える

のはなぜでしょう。(^_^;)ははは。











さて「地震活動」はあいかわらず全国的に活発になって

います。



これは・・・





プレート活動が活発





となっていることに由来する動きです。





正直・・・





大き目の地震エネルギーは依然として存在して

いるし・・。









かなり「地震活動」的にも慌しい最終週となりそうです。









今日現在では特別とりあげるべき「体感」感覚はあり

ません。







ただし・・ここ数日間継続して・・活動が活発な地域

「下記」がありますので「前兆」の有無とは別に・・



しばらく





「地震はあるかも・・・」





と心がけていたほうが良いかもしれませんね。







茨城・千葉周辺

伊豆諸島周辺

東北・北海道太平洋側

長野・岐阜周辺

紀伊半島・四国太平洋側
posted by ポッポ at 09:45 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2006年12月22日

≪帰宅するべきか≫≪帰宅しないべきか≫

こんにちわ。

今日も曇天で・・少々「体感」などの情報は得にくい

感じとなっています。





12月20日の地震記事の観察期間です。









昨夜も少々小さめではありますが・・≪耳鳴り≫は断続的

に感知することがありました。





が・・・・。





本格的な「地震前兆体感」を感知するにはいたっていま

せん。









一昨日の≪耳鳴り≫に対応している活動なのか・・地震

活動が活発となっている地域で地震がやはり起きていま

す。









21日10時51分頃地震がありました。

震源地は長野県南部 ( 北緯35.7°、東経138.1°)で震源の

深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は3.8。震度2



21日21時10分頃地震がありました。

震源地は茨城県沖 ( 北緯36.5°、東経141.1°)で震源の

深さは約60km、地震の規模(マグニチュード)は3.5。震度1



22日00時50分頃地震がありました。

震源地は八丈島東方沖 ( 北緯33.7°、東経140.6°)で震源の

深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は3.8。震度1







小規模地震という形でエネルギーが分散しているのは

良い傾向と受け止めたいと思います。



ただ・・



地震が発生している地域から総合的に感じられるのは

複数の「地殻プレート」が同時に活発な動きを始めて

いることが想像できます。



おそらく・・





ユーラシアプレート

フィリピン海プレート





が同時に活発となっているのではないでしょうか。





この中で気になるのは・・。





ユーラシアプレートの活発化





です。





正直いままであまり活動的に「ユーラシアプレート」が

動いてたことは・・今年はありませんでした。





ということは・・いままで沈黙を守っていたものが動き

はじめたということ。





傾向としていままで「動いていなかった」ものが動き始め

た時には・・





何かしら反動≪歪≫





が起こるものなのです。



現在の地震状況から考えてもその現象はみてとれます。





さらに・・前回の≪北米プレートの活発化≫のときも

そうでしたが・・・。





一回は大きな歪の開放≪地震≫が発生





する可能性が高いものです。



それによって「プレート活動が沈静化」していくという

循環。





その観点から考えても・・・



「ユーラシアプレートの活動」に伴った大きな地震





の発生が危惧されます。



考えてみると・・上記に対応すると思える場所としても

・・



20日の記事





に記載した区域「1.2.3」が連動していることも気になる

ところです。











さて今日のニュースに「地震災害時の帰宅」に関しての

ものが乗っていました。





都市部では・・帰宅者が一斉に帰ろうとすることにより



渋滞が起きる





それによって帰宅するまでに「約40時間」はかかる・・。





という検証報告でした。





「車」じゃなくても・・「歩行者」で渋滞とは・・すごい

ことですよね。(^_^;)







さて・・地震災害に遭遇した時の1つの大きな課題として



≪帰宅≫





の問題があります。



≪帰宅≫というよりも・・地震後の≪行動方針≫



といったほうが適切ですね。





これは自分だけの問題ではありません。





「親」も含めた≪家族≫の問題として家族間で



共通の認識





を持っておくことが大切なのです。事前にね。





人は「文明」に慣れすぎています。



特に「携帯電話」を日々活用している人にとってはわり

と大きな≪思考の変化≫がなされています。





それは・・・



「個人」対「個人」での連絡は「いつでも」簡単に

取れるもの。





という意識です。



実際「仕事」での利用の仕方を観察していても・・・・・



「自分」がいま知りたいことがある・・という理由で・・



「相手」の都合などを考慮することなしに・・気軽に携帯

をかけてしまう・・。





そういう情景を多々みかけます。(^_^;)



大抵「今」じゃなくてもいい内容なのに・・・。(;一_一)







少々話しがそれましたが・・(^_^;)はは





いわゆる「携帯電話」で連絡をとることになれている

ということです。





でも・・・地震災害時に「携帯電話」が利用できるとは

限りませんよね。



しかも・・「地震災害」といっても





≪どこで≫

≪何時頃に≫

≪どういう状態の時に≫



発生したのかで・・その後の対応はまったく違うものに

する必要があるのです。





その行動の中の大切な要素の1つとして・・・





≪帰宅≫





の問題があります。





夜間家族がみんないっしょにいる時は問題ないかも

しれませんが・・・





日中仕事で家族がバラバラとなっている時。





皆さんはどのように考えていますか・・。





単純に皆必ず「自宅地域」に≪帰宅集合≫すればいい

と・・思っている人はいませんか(・−・)・・・ん?





また・・

その考えは「家族全員」が同じように理解していま

すか・・あなただけが思っているのではありません

か・・。







良く考えてください。





もし・・





「自宅周辺」が最も震源に近く「地震の影響が大きかった」

場所だったとき・・。





かならず・・また・・大き目の≪余震≫があることを

わすれてはいけません。





そう考えると・・



「自宅周辺」に留まっていることが≪安全≫というわけ

にはいきませんよ。





できれば「自宅周辺」から離れた地域に非難したほうが

良いのかもしれません。





それでも・・単純に「自宅」に集合・・という意識だけ

では・・



例えば・・





旦那さんは「仕事場」からとにかく「自宅」に戻ろうと

しても・・先ほどのニュース記事のように・・大抵2日

以上は時間がかかったりするものです。





そんな時「奥様」「子供たち」が自宅周辺に留まってい

たら・・≪危険≫ということになりませんか・・





そのときにただ闇雲に「旦那さんが帰ってくるから」と

「自宅」にいたら≪余震≫で家が崩壊・・・・



被害にあう・・ということだって十分に考えられます。







ちなみに「普通の住宅・建物」は最初の地震で壊れて

いないように見えても・・



かならず「本来有していた耐力」が低下しているもの

です。





ですから≪余震≫がきたときに・・それほど大きな地震

でなくても・・家が崩壊するケースも多いものです。





大切なことは・・



家族間で共通の認識を持ちましょう。



様々なケースを想定しておきましょう。





携帯電話についても・・



逆に考えれば「携帯」が使える地域は・・別にたいした

ことはない地域であって・・



本当に「連絡」が必要な「被害が大きい地域」ほど・・

「携帯電話」などの文明機器は利用できないものだ



と思っておく必要がありそうですね。
posted by ポッポ at 10:56 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2006年12月21日

様々な≪耳鳴り≫

こんにちわ。

いまさらながら・・やっと「冬の気配」がにじみ出てきた

このごろです。







12月20日の地震記事の観察期間です。











昨夜〜今朝にかけて・・・・・





耳鳴り多発中です。





なんとまぁ・・自然状況としては「師走」だからかどう

かはわかりませんが・・(^_^;) お忙しいようです。





ただ季節的に理解しておいたほうが良いことがあります

ので・・今日は軽くそのことについて触れてみたいと思

います。







この時期は「冬」「冬の始まり」ということで・・・



「大気」に温度差などの様々な質の差が混在している状況

が多々あります。





さらに・・



「高気圧」「低気圧」がわりと頻繁に移動してきて繰り返し

入れ替わることも多い季節です。





そういうことからも・・・





気圧の谷





がわりとはっきりしていて・・その影響が「耳鳴り」として

発生することがとても多いのです。





そう・・いまの時期は・・





気圧の影響での「耳鳴り」が発生しやすい。





と理解しておくといいと思います。











ただ現在複雑なのが・・。





上記の「気圧の影響による耳鳴り」と・・・。





千葉・茨城周辺で活発化している地震活動による「耳鳴り」

が混在して頻繁に発生しているということ。(;一_一)





これは正直・・・こまります。





実際≪気象状況≫を判断することで「気圧」による「耳鳴り」

かどうかを想定するしかないのです。





「耳鳴り」を聞いただけで・・・



それが「気圧」か「地震」かの区別はつきません。(;一_一)



残念ながら・・。







でもいまは・・





「気象的」にも「地震活動的」にも両方該当する状態なの

で・・困るというわけです。





しばらくこんな状態が続きそうですね。(^_^;)ははは。
posted by ポッポ at 11:14 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」

2006年12月20日

≪地震≫の動き。

こんにちわ。

今朝も寒い空となっています。







今日は早速「地震」に関しての≪変動≫≪エネルギー≫

について少々お伝えしておこうかと思います。



まずは「図」を・・・。















現在「直接的な体感」は感じることはできていま

せん。





が・・・・





「地震エネルギーの存在」及び「変動」は体感して

います。



また・・・



昨日から今朝までの間の≪自然状況(雲・大気など)≫

を観察していると・・・。





地震発生の可能性が高い





と判断することができそうです。







直接的な「地震前兆体感」ではありませんのでいつも

のように「体感地震予測」という形では表記はしませ

んが・・・





「地震の可能性」と「想定」について少々ふれておき

たいと思います。













以前から「大き目な地震のエネルギーの存在」を感じ

ていることは度々記してきました。



その「エネルギー」に関連して昨日初めて小さいなが

らも「動き・変動」を感じることができました。



いままではその存在地域がまったく不明な状態でした

が・・・



昨日の少々の「変動」から推察すると「図」の中の

地域≪1.2.3≫の可能性が高そうです。







岐阜・長野県・能登半島周辺

滋賀周辺

紀伊半島〜四国南部海域周辺







という地域です。



先ほどもいいましたが・・



現在これらの地域に「地震前兆」の体感を感じている

わけではありません。





ただ・・少々変動を感じることができましたのでこれ

から一週間程度はその動きを注視しておく必要が

ありそうです。





というのも・・・。



「3」の地域においては昨日「中規模地震」が具体的に

発生しています。



また深部での地震は・・

「1」「2」「3」のそれぞれの地域でも発生しています。





これらの状況をふまえても・・・



なんらかの「変動」「プレートの動き」が発生している

ことが推察できます。





特に「2」「3」の地域に関していえば・・。





私の住んでいるところとの関係性を考えると・・。



「地震前兆」を体感できない可能性が高そうです。





ただ・・「1」の区域に関しては・・



「富士山-鹿島神宮の路」



の影響下とっなていますので「地震前兆」は体感でき

るのではないかと思っています。





そういう意味で・・・



「2」「3」の地域は「前兆体感」がなくても「自然状況」

から地震の発生の可能性が考えられる状態だけで・・・



≪地震発生≫





の可能性がありますので注視しておかれるといいのでは

ないかと思います。



この地域では地震規模が小さくても「揺れ」が大きくな

る可能性が高い地域です。





震度4前後の地震





を想定しておくといいかもしれません。











「大きな地震エネルギー」とは直接関係のない話なので

すが・・・





昨日の「大気と雲」の状況から考えると





図の「1」もしくは「4」の地域





で地震発生の可能性がありそうです。



特別「体感」を感じていないこと。



当然危機感などはないこと。





を考えれば「揺れ」はたいしたことがない地震だと

思います。



ただ・・・規模は少々大きい可能性も含んだ「大気」の

状態でした。







20日〜24日まで



M4.5〜M6程度(震度2.3程度)







の地震発生に注視しておきたいところです。
posted by ポッポ at 10:10 | TrackBack(0) | 過去記事「文章」