;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2011年03月13日

地震災害。現時点での「要望」と「心構え」

現時点で考えておきたい地震災害に関する

「要望」
「心構え」


を簡単に箇条書きにしておきたいと思います。

るんるんるんるん


■福島原子力発電所への心構え

政府の発表だけを気にすることなく。焦る必要
はないものの、個々の住環境における物理的準備
と心構え(知識・意識)だけは持っておきましょう。


■報道・メディアへの要望

災害内容を映像などで伝える必要期間は過ぎたもの
と思います。

今時点で「被災地」に入れるのは救助関係者と
メディアのみ。

現時点では
各社個別に取材に入った場所での「避難所」での
必要物資・安否情報などの収集して、一斉に発信
し続けることが大切。

救助側もメディアの情報を見て対応できることも
増えるのですから。それらの情報をぜひ中心に。

もう・・いま時点で「津波の画像」などはいらな
いんですから。



■被災地へのバックアップの心構え。

今は第一次の救助行動期間。

この期間は専門的な救助隊(自衛隊・消防など)に
よる活動が大切なときで、一般人は不用意に被災地
へいくことは避けるべきとき。

ただ
この期間は1〜2週間と思われ。
本当の意味で時間と労力が必要となるのはそれ以降
の期間での一般国民による支えとなります。

ボランティアなどの活動などもそこからが開始。

そこから半年・一年単位での支援を継続していく
心構えと準備が必要となります。


・・・・

外出しなければ・・いけないので・・

一旦ここまで。[壁])llll)≡サッ
posted by ポッポ at 11:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報

2011年03月12日

安否確認及び安否情報提供の窓口サイト

地震被害に関連して、「安否確認」をまずしたいと
いう人も多いと思います。

ただ
現時点で「携帯電話」などへのアクセスは負荷が
大きいので、携帯電話各社の「災害掲示板」など
様々な情報ツールを同時に利用するのがいいかと
思います。


googleが臨時に開設した「人探し・人の情報提供」
窓口サイトができましたので、ご紹介したいと思い
ます。

こちら。


http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja


安否を確認したい人がいたら、ここにそのことを
掲載。

逆に、安否関連情報を知っている人がいたらここ
で情報提供できる簡単な仕組みとなっています。


とにかく現状、いろいろな試みてみることは大切
だと思いますので、気になる人がいたら活用して
みてください。<(_ _)>

タグ:地震情報
posted by ポッポ at 15:52 | Comment(3) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報

被災周辺地域などでの行動ポイント

さて今朝までに、建築士知人のネットワークや
NPOを通じての具体的な被災地に対する今の自分
が現時点で出来ること・・

は一通りやれましたので・・

次は、大きな災害は見当たらないものの地震の
揺れの影響は大きく感じた・・といった

被災周辺地域など

での、今日役立つ行動ポイントや今後の考え方等
について情報発信したいと思います。(*^^)


るんるんるんるん

まずは

晴れ地震傾向に関する考え方。

具体的な地震想定や検証などは前回までの記事に
書いたとおりなんですが、自然界の仕組みから考
えた時にポイントとなるのは

かわいい大地震発生後の一週間

は危機体制で行動・思考を心がけておくことが大
切です。

自然のリスムという観点から地震発生時から考え
て、「当日〜翌日」「三日後」「一週間後」に
再び大きな地震や自然現象(土砂崩壊)などが発
生することが多いからです。

自然現象だけでなく
・ビルの壁崩落
・道路、地面の陥没隆起
・建物の変形

といった現象が発生することが多いのです。

そういう意味で、「さほど災害」とはなっていな
い・・そんな雰囲気がある地域であっても

やや欠け月翌日12日
やや欠け月三日後14日
やや欠け月一週間後18日

は特に気を配った行動とするように心がけいただ
ければと思います。


次に

晴れ具体的な周辺環境チェック

について。

今回の地震で「水が浮き出た」・・いわゆる

「液状化現象」
が起きた地域も多々あるのではないでしょうか。

特に関東地域はもともと海であったり、柔らかな
地盤構成となっている地域がほとんどです。

まずはご自身が住んでいる家の周辺を確認しまし
ょう。

「液状化現象」が発生しているようであればいく
つか注意しておきたいポイントがあります。



ひとつは
今後さらなる大き目地震が発生するようだと揺れ
がさほどではなくとも住宅倒壊に繋がる可能性が
高くなっているということを認識しておいていた
だければと思います。

そういう意味では、今後一週間の内に「避難生活」
の可能性もありうると考え、対応策を考えておき
ましょう。念のために。

・避難場所の選定
・別地域へ避難をすることも想定。
・避難生活用のグッズ整備


二つ目は
家の倒壊などはなくとも、次の地震で「ガスと水道」
が供給されなくなる可能性が高いと考えておく必要
があります。

地盤が液状化したことで、地下に埋設されている
インフラ設備・・特にガスと水道はダメージを受け
やすい状況となっているものです。

ゆえに、地震が再度あるようだと「水・ガス」が
使えなくなると考えておきたいところ。

そのための準備をしておきましょう。まずは水の
確保はかならず。



三つ目は
住宅被害状況の確認をしておきましょう。

細かいことはいいません、とにかく「基礎」に大き
なひび割れがないかを確認しておいてください。

次に角の柱がある部分の壁に大きなひびがないかを
確認。大きなひびが確認できたら、まずは避難する
ことも考えてみてください。<(_ _)>


晴れ情報確認方法について。


自然災害に遭遇したとき、初動でまず安全が確認
できたなら、次に必要な要素となるのが「情報」で
す。

多くの”情報”を得ることができるかどうかは・・

具体的な知恵、行動を決められるといったことだけ
でなく、なんといっても・・

「精神的な落ち着きを得ることができる」

といったとても大きな意味を持ちます。

いま皆さん、ひとりひとりが出来ることとしては
「被災地及び周辺地域」に知人などがいるようで
あれば、積極的に”情報提供”してあげていただ
ければと思います。(*^^)

そのときに活用してほしいのは

「メール」

です。

今回の地震でも体験した人が多かったのではない
かと思うのですが・・

「携帯電話の通話」は地震などの災害時にはほとんど
役に立たなくなります。通話を規制することになる
ので。

さらに状況として「通話」は携帯電話の電池を
激しく消耗してしまいますので、望ましくありま
せん。

少しでも長く電池をもたすことが大切なこともあ
りますし、実際にこのような状況でも通信可能な
のが「メール」になります。(可能性が高い)

まず一番知りたいのは、被災地にいる人は案外その
地域全体像がわからないことに不安を感じるもの。

まずは、そこの地域の全容や周辺地域の状況・・

さらに地震などの可能性といったものを伝達して
あげられるといいかと思います。

「人と繋がっている」

という実感を得られるだけでも、大きな力となる
ものですから。















posted by ポッポ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報

2010年09月01日

災害時の避難所生活に役立つ「マット」/防災の日

今日は9月1日。

”防災の日”ということもありますので、本日2度目の記事
として「防災関連」の情報を記してみたいと思います。

今年多くの被害を出しているのが「地震」よりも「豪雨」に
よる水害・山害(土砂崩れ)ではないでしょうか。特に土砂
崩れに関しては、いままであまり話題となっていなかった新
しい仕組みの大規模土砂崩れ・・

満月深層崩壊型土砂崩れ

が注目をあびるようになってきました。

従来豪雨に伴って発生していた「表層型土砂崩れ」と比較し
て土砂の排出量が多いこと及び被害範囲が広くなることが特
徴となっています。

また

もともと土砂崩れの危険性を注視されているような環境(斜
面地)で発生するのではなく、今まであまり危険性を感じさ
せることのなかった、やや緩やかな傾斜地で発生するのが・
・・深層崩壊型土砂崩れの最大の特徴となります。

単純にいえば、傾斜の厳しい「山間」の地域に限らず・・。

山を削り取って造成され、いまでは立派な住宅地となってい
るようなやや緩やかな斜面地においても、大規模な土砂崩れ
の危険があることがわかってきた(もともと知られてはいた
んですけどね)・・といいますか、意識されつつある・・そ
んな状況へと変化してきているようです。

多くの人がまだまだ日常的に認識していない「大規模災害」
の可能性(種類)が多々あるということなんですよね。


そういう意味でも「一般常識」ではなく、自分の身の回りの
”環境特性”について詳細に理解しておくということがなに
よりも大切なことになるわけです


るんるんるんるん

”災害”に繋がる要因は今後も増えていくことになりそうで
す。そこで今回お話したいのは「避難生活」に関する情報。

実際に地震被害のボランティア活動などを通じて体験した事
なども踏まえての”思い”です。

かわいい”避難生活”に関する課題


というのは正直年々変化してきています。

災害の種類・発生時期・地域によってもその内容は大きく異
なるといった特性があることはまず認識しておいていただけ
ればと思います。

阪神大震災の頃は

「食料・水」が最大課題となっていましたが、今は多くの避
難生活においても、食料・水の確保は迅速に進むようになっ
ています。

命の根源である「食」が確保できるようになってきたことで
今は次のステップとなる

「体調管理」

が最大の課題となっています。この中には「精神的」な課題
も含まれています。避難生活だからといって、”我慢”をし
いられるにも限界があるもの。

一番問題になるのは、「体調の維持」「体力の維持」です。

この要素が崩れてしまうと、気力も衰え・・様々な問題が急
激に増加してくることになります。(疾病の万延など)

そういう意味でも、まずは個々で「避難所生活」における体調
維持に繋がる準備をしておくことが大切になるのです。


準備要素も多々ありますが、今回は「睡眠」に関して。


避難所生活では、固い床の上に寝ることになります。

”毛布”や”ダンボール”だけではなかなかその固さが解消
できずに、「睡眠確保」ができなくなって体調を崩すことに
繋がることも多いもの。

そこで避難所生活での「睡眠」に役立つ事前準備としておす
すめなのが、『エアマット』です。

夏の海へと遊びに使う・・エアマットがありますよね。それ
をレジャーに使用するとき以外は、「防災グッズ袋」の中に
一緒に保管しておくのです。

空気を抜けばコンパクトに納まるのが「エアマット」の特徴
ですから、十分収納できると思います。

例えばこんなもの。

ー(長音記号2)ー(長音記号2)

mat02.jpg

エアーマット

その他エアマット一覧
ー(長音記号2)ー(長音記号2)


防災対策の基本は「防災」にしか使えないものを準備するの
ではなく、季節によって他で活用することができるものを避
難時などに活用する


といったもので準備をしておくことです。

そうそう災害があるわけではありませんから、いざという時
に損傷していたり、機能がはたせない状態となっていたので
は意味がありません。

他の機会に活用しているからこそ、状態が保てるものですか
らね。

そういう意味で「車」をもっている人に一番おすすめなのが
車中泊用快眠マットです。

車中泊用グッズの専門店から商品をご紹介すると下記などが
おすすめです。

ー(長音記号2)ー(長音記号2)
mat01.jpg

車中泊用快眠マットです。
ー(長音記号2)ー(長音記号2)

軽自動車からワゴンまで車のサイズに合わせて種類が豊富に
あります。

災害対策のもうひとつのポイントは「自宅」と「それ以外の
場所」に分けて避難グッズを保管しておくこと。

自宅が損傷しているときはなかなかそこから避難グッズを持
ち出すことができないものです。

そういう意味では「車」は絶好の保管場所。

しかも、車中泊用快眠マットを常備しておけば、車が立派な
避難生活場所となったりします。もちろんマットを避難所へ
と持っていって活用するのが理想です。

と同時に車中泊用快眠マットは日常生活・レジャー時にも
大いに活用できるアイテムです。ぜひ車を持っている方は
このマットを常備しておくといいのではないでしょうか。
(。・_・。)ノ

posted by ポッポ at 12:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報

2010年01月17日

阪神大震災の追憶

今日で「阪神大震災」が発生してから15年の月日が経過
しようとしています。

各地で「震災追悼行事」が行われることになっているよ
うです。個人的にも胸が傷む”思い”もありますので晴
天とともに、地震活動が穏やかな一日となることを願う
ばかりです。

私が「災害」に関して”思うこと”はいくつかあります。

一番大切にしたいのが・・

「災害の規模」

によって「出来事に対する大小・強弱をつけない・・」
という意識でしょうか。

普段あまり、実際におきた「災害」に関して語らないの
も、「10万人の被災者」が発生した災害であっても「数
人しか被災者」が発生しなかった出来事であっても・・

その「災害」によって”哀しみ”を抱くことになった人
が存在している・・ということには変わりがないからな
んです。”プログ”などでは、不特定多数の人々の目に
届く文章・・となることもあるわけですからね。

この気持ちは今後も忘れないようにと心がけていきたい
と思っています。


それでも「阪神大震災」が多くのメディアなどにも取り
上げられるのも・・

様々な「震災対策」「防災意識」などの向上に繋がって
いったからではないかと思っています。ひとつの「転機」
となったのかもしれません。

実際阪神大震災直後・・私も仕事柄お手伝いができる、
ボランティア活動のため、被災地に赴いて活動していま
したので、今でも鮮明にその状況を感覚としても覚えて
います。

「ボランティア活動」

に関しても、なかなか統率が取れないというか・・情報
が混乱ぎみというか・・

物資の供給、避難生活知識など・・どれをとってもいま
から考える手探り状態となっていたようにも感じられま
す。

その時の「経験」をもとに・・その後いろんな方面から
「災害・防災」に関する検証や人々の防災意識などが高
まるとともに「手段」「ボランティア対応」「必要物資
の輸送・仕組み」など

かわいい具体的な知恵

が多く蓄積されてきていることがなんといっても大きな
要素となっています。

「阪神大震災」

を教訓として、今後につなげていかなければならないこ
とはまだまだ沢山あるのものと思っています。
posted by ポッポ at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報

2009年12月03日

防災・避難生活に役立つアイテム

こんばんわ。<(_ _)>
本日2度目の登場です。

るんるんるんるん

最近個人的に必要とした・・とか実際に自分も活用してみた
といったものの中で「地震防災」や「非常時・避難時」など
にも役立ちそう・・

と思ったアイテムがあった時にはこのブログでもご紹介して
いましたが、せっかく見つけた「情報」を自分で活用するた
めにも(^^ゞ

きちんと整理・蓄積しておこうと思いまして「体感地震情報」
のサイトのページの中(コンテンツのひとつとして)に

やや欠け月防災・非常用アイテムに関連した情報紹介

という形で構築していこうと思いたったところです。(*^^)

思い立ったばかりなので、一気に「情報ページ作成」〜とい
うわけにはいくわけもありません(;一_一)はは

徐々に気になる情報などを見つけたときに、蓄積していきた
いと思っています。

そこでまずはとにかく「1ページ」でもという思いで・・。



晴れ「避難時・非常用食品」に関する私なりの考え方

を記事とするとともに、最近出会ってこれは「いい」と思っ
た「レトルト食品(保存食として購入)」をご紹介していま
す。(*^^)

晴れ今の「保存食・非常食」の考え方と運用方法など

ページはこちら。
ー(長音記号2)ー(長音記号2)

レトルト食品「世界のカレー10食セット」/非常用保存食品

ー(長音記号2)ー(長音記号2)

です。(。・_・。)ノ


そこで紹介している「レトルト食品」がこれ



黒ハート世界のカレー 10食セット
世界のカレー 10食セット

世界のカレー 10食セットをカートに入れる¥3,150円(税込み)


本格的な世界のレストランカレーがレトルト食品になっている
ということで最近私も基本・・保存食として購入。(*^^)

もちろん・・まずは食べてみたいので・・(^^ゞ
2つ購入(20食)してみたのです。(*б。б)

本当においしかったです。最近のレトルト食品はあなどれませ
んねぇ〜〜。(・"・;) ウッびっくりしました。

ただ・・あくまでも・・私だからこその・・

大問題が発生・・・。

カレーは大好きなんですよ。私σ(*^.^*)

でも・・基本的に・・「辛い」ものが大の苦手。( -_-)フッ

・・・

3つ目に食してみた・・・「キーマカレー」が〜〜〜

私には・・ 辛すぎて・・食べれませんでした。_| ̄|●il|li

あかん・・。_| ̄|●il|li

「キーマカレー」はこのままずぅ〜と「保存食」となることが
決定しました。( -_-)フッ
posted by ポッポ at 20:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報

2009年05月27日

メルマガ会員専用ページ

黒ハートお知らせです。

≪体感≫地震情報のサイト内に新たに・・

「メルマガ会員専用地震情報ページ」

を開設いたしました。(*^^)

現在「PC・携帯メルマガ」を発行していますが、購読者専用
のページとなります。

≪体感≫地震情報のトップページにも「メルマガ会員専用地震
情報」の項目が追加されています。

メルマガ読者専用となりますので、「ID・パスワード認証」
が閲覧するためには必要なページとなっています。

現在、PC・携帯メルマガの読者の方は本日から閲覧できるよ
うになりました。<(_ _)>

基本的には、日々・毎週メルマガにて地震関連情報をお伝えし
ていますが、常に新しい情報が付加されていくため、中期的に
注視しておきたい「地震活動など」の想定・予測情報などが現
時点でとうなっているのか・・が不明瞭になりやすい状況でし
た。

また、地震予測に関連してどうしても「図」などの参考資料が
あったほうがわかりやすい情報もあります。

そこで、専用ページではメルマガにて提供している情報を整理
して現状注視していく「地震活動の内容」や「地震情報」など
を表記するとともに、日々の感覚的な地震活動に関する感想な
ど、ブログ上では表現を控えている要素についても記載してい
きたいと思っています。

現在メルマガ購読していただいてる方はもちろんのこと、今後
新たに購読していただけることとなった方は、下記メルマガ会
員専用地震情報ページもあわせて、ご参照・ご活用いただけれ
ば幸いです。

***メルマガ会員専用地震情報ページ

*ID・パスワードはすでにメルマガにて情報送信しています。

*****

インフルエンザ対策用マスクとして、「即日発送」可能な商品
がありましたので下記広告商品を更新しておきました。以前の
ものはすでに、6月末以降の予約商品となっていましたので・・
・・それでは、いま必要な需要には適していませんので。

「箱入り」ではなく、「簡易パッケージ」でのわけ有り商品の
ためとても安い価格となっています。中身は当然ですがかわり
のないものです。
posted by ポッポ at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報

2009年05月21日

インフルエンザ対応マスク

こんばんわ<(_ _)>

「インフルエンザ対応のマスク」の情報としてすでに在庫が
なくなっていましたが、また新しい「マスク商品」の情報が
入りましたので、下記に情報交換UPしておきました。

もしかしたら、また翌日昼過ぎには、無くなってしまうかも
しれませんが・・その時はご容赦を。(^^ゞ

posted by ポッポ at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報