;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2012年05月11日

日本の活断層への意識〜存在して当たり前の感覚で。

本日二度目の記事です。(。・_・。)ノ

昨日

「富士山周辺に活断層が発見か・・」

といったニュースが報道されたりしていました
ので、きっと・・またまた不安なコメントなど
が来るんだろうなぁ・・と先取りして(^^ゞ

簡単にお話をしておきたいと思います。


るんるんるんるん

ここ数ヶ月、いろいろ地震活動関連の研究情報
などが報道されるようになっていますよね。

*どこどこでは想定していなかった高さの津波
の痕跡が発見された

とか

今回のように

*新たな活断層が発見された

というようになにかと”新たな発見”という見
出しで報道されるような要素がありますが・・


まあ、たしかに「実際に人の目によって確認された」

という意味では”新たな発見”で正しい表現だ
と思います。(*^^)

でも・・

そういう発見がある度に

かわいい想定外の○○


という表現を使う(報道など)のには大きな
違和感を感じます。

というのも

”自然現象”に対して必要な認識(大原則)
というのは・・。


「地球上で過去発生したことがある自然現象や自然
現象の規模は、地球上のいずれの地域においても
発生する可能性があるもの」



と考えておくのが当たり前だからなんですね。(^^ゞ


特に火山列島である日本では

*火山活動
*地震活動

に関連する出来事は、日本のどの地域でも発生
する自然現象と考えておくのが当たり前のこと
なのです。(*^^)


最初に記した「富士山周辺での活断層」の話に
戻りますが・・


確かに今回、人の目(調査という意味)によっ
て活断層が新たに発見されたというのは事実な
のかもしれませんが・・


それを

”想定外の出来事”

として伝えても、捉えてもいけないと思うので
す。

正直、人が確認できる”活断層”など地表面に痕跡
が現れているものや浅い部分に存在しているもの
だけで・・

ほとんどんの活断層は見つけること(認識する)
すらできないものが沢山あるわけです。

基本的に

かわいい活断層は日本列島すべての地域で無数に存在して
いるもの

と考えておくのが基本だと思っています。(*^^)


ですから

前述の出来事も

「想定内のことながら、富士山周辺に活断層が
新たに見つかった」

と捉えることが自然な考え方なのだと。


るんるんるんるん


日本列島に活断層が無数に存在していると考える
のは・・

日本列島の形を考えてみるとわかりやすいのでは
ないでしょうかね。

日本列島の形は「くの字」「弓なり」になってい
ますよね。

考え方としてはいろいろあるかと思いますが・・


私は、日本列島が常に”弓なりとなるような方向”
に力を受けている(曲げられている)

と感じています。だから長い長い年月をかけてい
まの形になっているのだと。

そう考えれば、弓なりになるような力が加わってい
れば、ほとんどの場所で”ひび割れ(活断層)”
が発生・存在するのが当たり前であることがわかる
と思うのです。(^^ゞ


かわいいフォッサマグナ

と呼ばれている関東を含めた地域(くの字の曲がっ
た部分)で地震が多いのは、すごく当たり前の事
なんです。

だって、曲げられているんですもの。(^^ゞはは


るんるんるんるん

生命体にとって、重要なことは


かわいい生命を維持していくために適している環境がどうか


という一点だと思うのです。

基本的には、自然環境に生命体のほうが合わせ
ていく(適応していく)んですね。

満月地震

という要素は、実は「生命活動の維持」にとっ
てまったくといっていいほど無関係な要素なん
です。


満月気温

という要素は、「砂漠環境」「氷環境」などを
生み出すことになり、生命維持に直結する環境
要素となりますが・・

”地震”の有無は、ほとんどの生命体にとって
正直・・どうでもよい要素なのかもしれません。
(^^ゞ

生命維持を脅かす要素となっていないから。

それどころか逆に”地震活動”が多い地域のほう
が自然環境豊かな地域となっていることが多く

生命体にとって、とても住み易い環境であること
が多いのではないでしょうか。


そう

日本は、生命体にとってとても住み易い(生活
しやすい)環境(生育環境)なのだと思うのです。
(*^^)

それは当然、人にとっても同じこと。

多様な自然現象が存在する地域こそ、自然環境
の豊かさを示す要素となっているものです。

そう・・とても生命活動を営みやすい環境という
こと。

多様な自然現象(四季などもそう)があること
は喜ばしいことなんです。生き易い環境となって
いるということなんですものね。
(*^^)

















タグ:自然
posted by ポッポ at 10:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | 防災情報

2011年11月23日

子供部屋の「地震対策」〜家具編

こんにちわ(*^^)

今日は勤労感謝の日だったんですねぇ。

自営業で仕事をしていると正直・・祝日であること
はついつい忘れがちとなってしまいます。(^^ゞ

るんるんるんるん

本日、経過観察中の地震予測に対応する地震も発生
しています。


満月23日12時38分頃 千葉県東方沖 M4.7 震度1

深さもさほどあめわけではないのですが、規模のわり
に揺れがほとんどありませんでした。(^^ゞ

また

満月23日15時23分頃 東京湾 M4.0 震度2

このような地震も発生しており、上記2つの出来事は
少々太平洋プレートの”ずれ”動きが促進している
ことを示すものと考えています。(^^ゞ

こちらのお話についてはまた明日の記事でも取り上げ
たいと思います。(。・_・。)ノ

るんるんるんるん

で・・。(*^^)

”勤労感謝の日”

とは・・まったく関係が無い話になりますが(^^ゞ

ちょっと別のところで話をさせていただいたことが
ありまして、「子供部屋の地震対策」にもなるちょ
っとした話をご紹介したいと思います。

それが”家具”の問題なんですね。

基本的には、大人と比較して当然体も小さいし弱い
こともあって、子供にとって「家具」は大きな脅威
となるものです。

ですから

子供部屋の家具は、しっかりと固定しておくことは
他の部屋以上に大切な要素となるんですよね。

でも・・できれば・・

背の高い”壁家具”などは使用しないようにして・・

背の低い”家具・棚”のみとしておきたいところで
す。(*^^)


それでも普通の”棚”ですと、地震の揺れでそこに
収納してある物(本・置物・文具など)が飛び出し
て・・それに当たって大怪我をしてしまうというこ
とも、子供だからこそ注意しておきたい要素となり
ますよね。


そこで、子供部屋としての空間利用と地震対策の両面
からおすすめできるのが・・

畳ユニットボックス

なんです。(*^^)

ユニットとなっていますので、スペースにあわせて
形の組み換えができるものとなっています。

こんな感じで・・。

01.jpg


これは畳の下が”収納”となっているんですね。

ですから・・子供用のベッドを置くくらいであれば
この本畳ユニットを利用して、棚・家具はすべて無く
して、畳の上に布団を敷くか・・

もしくはベッドマットを畳上で利用する和洋イメージ
のベッドとすると・・畳上で勉強スペースなども創出
できますので、部屋を広く使えると共に・・

地震対策になるんですね。(*^^)

ほとんどの”物”をここに収納することができます
ので。地震の揺れが来ても、物が落ちてきたりする
心配が無くなるのです。


しかも

本畳ですので・・自然素材である”いぐさ”が使用
されているんですね。

自然エネルギー的には、この”イ草”は良質な風の
エネルギーを有しているんです。そういう意味でも
・・子供の成長・・特に”記憶力”を活性化してく
れるのに役立つ環境づくりができるんですよ。(^^ゞ

化学畳ではタメなんですよ。

この”いぐさ”に関しては、脳化学の分野でもイ草
の香が脳を刺激して・・”記憶力”を高める効果が
あるという研究結果もあるんですよね。

本畳は、”クッション性”も高いことから転倒時の
ケガ防止にも役立ちますので、地震対策のひとつと
して、子供部屋は”和室”にするというのも大きな
メリットがあるのではないかと思います。

デメリットとしては

畳で「ダニ」が増殖しないようにすることでしょうか
ね。アレルギー体質の場合は、その点には気を配る
必要がありますが・・

実際”ダニ”の繁殖場所としては、”ソファー”や
寝具が最も多い場所となっていますので、それらの
比較で考えれば、この「畳ユニット」はたたみ部分
が簡単に取り外すことができて、”陰干し”が容易
にできることで対処できそうです。(*^^)


るんるんるんるん

ちなみに

仕事上の知識・経験上

高層タワー型のマンションなどに住まわれている場合
には、背の低い家具であっても「固定」しておくか・
・・

もしくは
床との間に摩擦抵抗の大きな「ゴムマット」などを
挟んでおくことが必要です。

制震構造などのタワーマンションを除くと、上階部
では、数メートルも建物空間が平行移動(揺れる)す
るというケースも存在していますので、家具が飛んで
くる(横に移動)ことに対する対策はソファーなども
含めて施しておくことが大切かと思います。

(。・_・。)ノ




タグ:家具 防災
posted by ポッポ at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 防災情報

2011年08月31日

防災の日特集「東京周辺の地震対策として想定しておきたい要素」

本日二度目の記事です。(*^^)

曇天ながらも、午後になって、湿度・気温共に上昇
気配ですね。これは台風の影響が強まってきた証で
す。(^^ゞ

るんるんるんるん

明日は9月1日・・「防災の日」となっています。


今は、地震活動が抑制傾向となっている時期でもあ
りますし・・一日早い「防災の日特集」ではありま
すが・・。

かわいい関東都心部での大きめ地震への心構え

に関連したお話をしてみたいと思います。(*^^)


関東都心部の特徴としては・・なんといっても・・


自然現象に対する脆弱性の高い環境

であるということですよね。


地震の”揺れ”そのものに対する建物・工作物など
の耐久性は年々高まっています。

”耐震”という基本要素に加えて、”免震””制震”
といった技術要素が高層建物などに導入されていって
います。

そういう意味では・・


「地震そのものに対する耐久性は高い街環境となって
いる」


といえるんですよね。(*^^)


ただし

”IC・電子制御”を中心とした「利便性」「効率性」が
追求されすぎてしまった都市環境となっていることが・
・・

自然現象に対して大きな「脆弱性」をもたらす要因とな
っているんですよね。


簡単に言うと


”地震”に対する”強さ”はあっても、地震に付随して
発生してくる様々な出来事に関連した、大きな「危機」が
訪れてしまう可能性が高い



ということなんですね。(^^ゞ

”危機”とはならなくとも、生活上の”大きな不便さ”が
沢山発生してくるのです。(帰宅困難などが代表的な要素
ですよね。)


ですから・・

東京都心部周辺における、本当の意味での「地震対策」と
しては、地震の揺れそのものに関するものではなく・・


「地震発生後の出来事をどれだけ多く想像(推測)してお
くことができるか・・その推測に対する対応策(防災)を
考えておくことができるかどうか」


が最大の”地震対策”となることをまずはしっかりと認識
しておくことが大切なんだと思っています。(*^^)



その中で最も”生命の危機”に結びつく可能性が高い要素
となるのが・・


かわいい火災・火災旋風


なのです。(。・_・。)ノ


現在の東京周辺の都市環境を検証したときに、私が最も
懸念しているのが・・


「火災・火災旋風によって、取り囲まれてしまうエリア
(逃げ場を失う可能性)が発生する可能性」

なんです。

ある意味、こういう時は”最悪の状況”というのも推測
しておくことが大切ですよね。

そこで、東京周辺の環境要素から「木造住宅密集地」が
火災発生の可能性が高い場所となる・・という条件で火災
状況を簡単に推測してみると下記のようになります。(^^ゞ


110831.jpg


図の”赤色”エリアが火災が集中して発生しやすいエリア
となります。

”環状7号線”の周辺などにわりと古い木造建物が密集し
ている地域が多く存在しています。この環状7号線が、
「風の通り道」となることで、火災が拡大しやすく・・・
火災も大きなものへと成長していきやすい環境が整ってい
ると考えているのです。(^^ゞ


地震時の火災は、様々な場所で点在発生してきますので、
大火へと成長しやすいんですね。

そんな大火が広まってきたときのことを推測したのが上図
なんです。


するとどうでしょう・・。

都心部は、RC造の耐火性能が高い建物環境となっていま
すので、火災の心配は少ないといわれているのですが・・

俯瞰的な視点で見ると・・。


「火災によって囲まれてしまうエリア(図の黄色範囲)」

が発生してくる可能性が推測できるんです。(^^ゞ


地震の”揺れ”による被害はほとんど無い状況であっても
震度6などを観測する地域があれば、ほとんどの都市機能
が失われる可能性が高いんですよね。


電車は運休となりますし・・

携帯電話となどは繋がらない可能性が高いですし・・


そんな状況下で”情報収集”を怠ってしまって(危機意識
の欠如)いたり、情報収集ができない状況下となっていた
ときに、その場で時間経過しすぎてしまうと・・


いつの間にか「火災・火災旋風など」に囲まれてしまって
いるという可能性が出てくるんです。(^^ゞ

ですから・・

都心部で就業・生活している人は、大きな地震があった後
には、まずは「火災状況」を常に念頭においた行動を心が
けておくことが大切なのです。



火災は地震後すぐの発生とは限らないのが特徴です。

2.3時間後から火災が発生してくるパターンや・・

5時間以降経過してから、火災が発生してくるというパターン
もあることは覚えおきたい要素ですね。


都心部で「電気の復旧」を急ぐあまり、通電後に漏電によ
って火災が発生してくるというケースがあるからなのです。
(*^^)


ですから・・


まずは自分自身が就業・生活している都市環境をしっかり
と認識しておいた上で、地震発生後・・火災の可能性を念頭
においた「行動予定」をいくつかのパターンで構築しておく
ことが必要不可欠な防災対策となると思っています。

少なくとも

・電車
・車
・携帯電話

は使えないことを条件とした行動計画を想定しておきたい
ですよね。(*^^)


地震後の「火災状況」などを知る手段としてはなんといっ
ても「AM・FMラジオ」が有効です。

一般的なテレビマスメディアは、災害時にはほとんど役に
たちません(^^ゞ

AM・FMラジオなどなら、地元の詳細情報をいろいろと
情報発信してくれます。この情報がすごく有効なんですね。


とにかく・・安いものでいいんです。(^^ゞ

例えば


オーム電機 AM/FMポケットラジオ

とかなら 名刺サイズのラジオで「945円」とかで販売さ
れています。(^^ゞ


AMとFMが聞けて、コンパクトなものであればなんでも
OKかと。


帰宅ラインとなりそうな地域地元のAMラジオ局を登録し
ておくといいかと思います。


”防災”は「想像力」

ですからね。(。・_・。)ノ








タグ:地震 火災 防災
posted by ポッポ at 17:34 | Comment(9) | TrackBack(0) | 防災情報