;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2011年04月11日

2011年誘発地震の方向性「作用反作用」

3月11日 三陸沖M9の地震発生以降、丁度一ヶ月
が経過したわけですが、そんな本日に福島M7.1
の地震が発生してきました。


余震活動を含めて、今後の誘発地震活動などいった
いどのようになっていくのか・・

もちろん、正しいことなどわからないのわけです
が・・それでも、なんとなく見通しや心構えがある
だけでも・・

と思う方もいるかと思いまして

少々、ここでM9の地震を発端とした地震活動の経過
と今後の方向性といったことについて、お話してみた
いと思います。(^^ゞ

ただ

ご理解いただきたいのは、「体感」感知に基づくもの
でもなければ、過去の経験から・・といった話でも
なく

あくまでも、私として自然の流れから、そう思えると
いうだけの話となります。


ですから、単なる目安として、話を受けとめていただ
ける方だけ・・この先を読み進めていただくといいか
なぁと思っています。(^^ゞ

・・・
・・・
・・・



とはいっても、普通にブログ記事として書いてしまい
ますので、見ようと思えばいつでも見れます。(^^ゞ




るんるんるんるん



3月11日以降の大きめ地震「M7以上」は本日の地震
を含めると「5回」発生しているかと思います。

最初の「三陸沖 M9の大地震」を発端として同じ日


・三陸沖
・茨城沖

で2つのM7以上の地震が発生しました。

三陸沖M9の地震は「太平洋プレートと北米プレート」
の境界が崩壊することによって発生した

プレート境界型の地震

です。下図を見ていただくと、「赤色範囲」で囲った
エリアでM9地震が発生しました。


110411-02.jpg

あくまでも簡素化したイメージで正確ではありません
が・・

太平洋プレートが「ピンク色」のエリア
北米プレートが「水色」のエリア
フィリピン海プレートが「黄色」のエリア

を示しています。(*^^)


M9の地震発生によって、揺れのエネルギー伝達とと
もに「太平洋プレート」と「北米プレート」に新たな
歪が作られたと考えています。


その後

まずは「太平洋プレート」に創出された歪が主に開放され
てきました。

満月三陸沖M7以上
満月茨城沖M7以上

の2つの地震も太平洋プレートの歪が開放された形で
発生した地震です。


その後主に太平洋プレートの歪が開放されるM6以上の
地震も多数発生・・・

その結果やっとここにきて、太平洋プレートに出来た
歪がおおまか開放されてきたところで・・

満月7日の宮城沖 M7以上

の地震が発生しました。

そう・・ここまで余震活動の中心だったのは


かわいい太平洋プレートの歪が開放される形の余震活動

だったと考えています。(*^^)

7日の宮城沖 M7の地震発生が太平洋プレートの余震
活動の終盤を意味していると思っていたというわけです。
(まあもちろん、まだ太平洋プレートにも歪は残っている
可能性はありますけどね。(^^ゞ)


「余震活動が終息傾向」

といっていたのは、この太平洋プレートの歪開放のこ
とを意味していました。


で・・

ここで、なんとなくのイメージとして感じているのが
「作用反作用の法則」とでもいうのでしょうか・・。

なんとなくですよ(^^ゞ

M9の地震で創出された歪の量(地震エネルギー)は

太平洋プレートにも北米プレートにも、大体同じ程度
創出されたんじゃないかと思っているんです。


簡単に言えば

太平洋プレートで

・三陸沖 M7.5
・茨城沖 M7.4
・宮城沖 M7.2

という大きめ地震が発生しましたが、これと対を成す
程度の規模の地震が隣接したプレート「主に北米プレート」
で発生する可能性があるのではないかと推測しているの
です。(^^ゞ


素直に考えると「北米プレート」に同じ程度の歪が
あるのではないかと考えているのです。


で・・。

本日 福島内陸部で発生した M7.1の地震はまさに
北米プレートの地震でしたので・・

もしかしたら北米プレートでの誘発地震活動に移行し
てきたのかも・・と考えたわけです。(*^^)


ですから、ここで北米プレートでのM7以上の歪がひとつ
開放されたと考えると・・

後2つ M7以上の可能性がありえると思っているとい
うのが今後の誘発地震の推測ということになります。


場所的に

宮城沖M7の地震(太平洋)と対となるのが福島M7の地震(北米)
かなぁ・・とちょっと思ってみたりすると・・。

後は

満月三陸沖M7の地震(太平洋)

に対する北米プレートでのM7地震と

満月茨城沖M7の地震(太平洋)

に対する北米orフィリピン海プレートでのM7地震


の可能性を想定しておくといいかも・・と考え始めて
います。(^^ゞ


さらに三陸沖M9のプレート境界型の地震が派生する
「プレート境界型の地震(太平洋と北米の境界)」
の可能性は今年常に念頭に入れておきたい要素と思っ
ています。


(。・_・。)ノ


これらの具体的な話やエリアの推測・想定などは
メルマガで掲載していく予定ですが・・。


とにかく2011年は後


かわいい北米プレートでM7以上の地震(2つ)の可能性
(もしかしたらひとつは、房総半島南東沖かも)

かわいい北米プレートと太平洋プレートの境界型地震の可能性


が誘発地震として注視しなければいけない要素と
考えていることになります。


その他の地域は、今回の一連の動きの直接的影響は
無いものと私は考えています。(。・_・。)ノ




タグ:地震想定
posted by ポッポ at 22:18 | Comment(14) | TrackBack(0) | 2011年地震活動推測