;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2012年03月09日

”忘れてはいけないこと・忘れていいこと”地震の記憶

今週末日曜日で、東北太平洋沖地震から丁度一年
が経過することになります。

各種メディアでも今週、そんな特集が多く組まれ
ており、あらためて思い起こす出来事も多くなる
のではないでしょうかね。


いろいろ語れる要素がありますが・・

私も「地震の記憶」に関連した話をひとつだけし
ておきたいと思います。(*^^)


これからお話することは、あくまでも私が感じて
いること、考えていることです。

きっと立場が異なれば、他の意見というのも多々
存在していることだという前提で聞いていただけ
れば幸いです。


るんるんるんるん

現在、各地被災地で「地震災害の記憶を風化させ
ない」という意味から、様々なものを対象にして

かわいいモニュメント

としての保存などの議論が沢山行われています。


津波で破壊された建物などをそのまま保存しておく
・・といったような話があちこちで出ているんです
ね。


この出来事に関して、私の感じていることを記する
と。



「地震災害(津波災害)の”実体”は忘れてはいけない
こと、でも地震災害(津波災害)の”感情(悲しみ・怒り
など)”は忘れたほうが良いこと」

というように思っているのです。(*^^)


具体的な話をすると

自分の家族・知人などへ訪れた不幸に関する”感情・思い”
というのは個別の問題として、別な要素と考えますが・・


基本的には、例えば「津波災害で破壊されて建物をそのま
ま残しておく(モニュメント化)」ということはあまり望
ましいことではないと思っています。(^^ゞ

それは、人的災害(戦争など)に関しては、二度とその
ようなことを人が行ってはいけない・・という証として
戦争などで破壊された建物保存をしておくということに
は意味があると思いますが・・


自然の出来事(自然災害)は、自然現象(噴火・地震・
津波など)そのものが悪い存在というわけではないんで
すよね。

地球にとっては、ある意味必要不可欠な要素が各種自然
現象(地震など)なわけです。

さらに

人的災害とは異なり、自然の出来事(地震など)を無く
すことなど出来ないのです。(^^ゞ

ですから、”津波で破壊された建物”を単なるモニュメ
ントとして保存しても、そこからは・・

自然災害での嫌な感情(悲しみ・怒り)を思い起こさせ
る要素にしかならない・・と思うのです。

感情の中でも”悲しみ・怒り”という感情はその時点で
はとても大切な要素となるのですが・・

継続的に抱いてはいけない要素(感情)なんですよね。
(^^ゞ


自然災害での嫌な感情は、忘れてしまったほうが良い
要素なのだと思っています。


対して


かわいい忘れてはいけない要素


というものがあって、それが・・

かわいい自然災害の実情

なのです。

今回のケースでいえば、”津波”が主となった災害で
すので「津波の実体」はきちんと記憶にも記録として
も後世伝えていかなければいけない要素なのだと思う
のです。


例えば

どのエリアまで津波が到達したのか

ということなどは、単に文献として残すだけでなく
日常生活の中で日々確認できるような形で表示・残す
ような工夫が必要なのだと思っています。


ー(長音記号2)街の各地に表示する地域MAPなどに津波に侵害された
エリアを表記しておく

ー(長音記号2)津波が到達したエンド地点(終点)の各ポイントに
標識・モニュメント的にものを設置しておく

などです。(^^ゞ


こうすることで、再び何時の日か津波が襲ってきた
ときに、そのmapなどを見れば、どのあたりまで
逃げておくか・・といったことを別の土地から訪れ
てきている人にとっても判断材料となりますよね。

少なくとも一度津波に襲われたことのある地域は
再び津波に襲われる可能性があるのが当たり前なの
で。


他にも逆に

津波からの避難場所として役立った場所にそんな表記
をしておく(モニュメントなど)

というのもいいかもしれません。

とにかく。

地震や津波の実体・・・実体というのは、津波の範囲
や地震の揺れによって起こった建物倒壊状況の有無など
のことであり・・

それらを目に見えて確認できるようにしておくという
ことが必要なのではないでしょうか。


きちんと「実体」を細分化して明らかにして伝承してい
くことがとても大切なんですよね。

そうすることで何十年たっても、地震などの実体が忘れ
られることなく伝承され・・再び地震などが訪れたとき
にその知恵を活用することができるのですから。


(。・_・。)ノ









タグ:日記
posted by ポッポ at 14:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報
この記事へのコメント
ポッポさん
こんばんは。
同感でございます( ̄^ ̄)ゞ
ポッポさんとポッポさんのブログに出会えて、私は本当に幸せだと思いました。色々なことを学ばせて頂いてます。感謝の言葉など伝えたい事は山ほどあるのに上手く言えなくてもどかしいのですが…
とにかく!
ポッポさん、
いつもありがとうございます(^з^)-☆
今後も宜しくお願いします\(//∇//)\
Posted by ヨーコ at 2012年03月09日 18:54
ポッポさんこんにちはかわいいかわいい二度の更新ありがとう
ございます(^-^ゞ
地球の事、自然の事・・・
私が理解する事が出来る様になるには、まだまだまだまだまだ・・・・遠い道のりになると思いますし、正直なところ不安とゆう物が拭えきれないのが実情です(__)

でも・・とにかく前を向いて歩いて行きたい。
これからも幸せを感じたり楽しい出来事に思いっきり喜びを感じて、腹筋が痛くなるほど笑いたいです。


私の大好きな歌「素晴らしい日々(ユニコーン)」


ポッポさん皆さんかわいいかわいい
そしてそして日本中が
素晴らしい日々に包まれます様に!!


ポッポさんありがとう
ございましたクローバークローバークローバー
Posted by け-こ at 2012年03月09日 19:12
ぽっぽさん、いつもためになる更新をありがとうございます。

今日の記事、改めて優しい言葉で説明して頂き、とても納得です。
実は被災地各地でも、下記のような取り組みが進んでいるようです。

《津波の記憶〜桜ラインと波来の地》
http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/news/etc/20111030-OYT8T00382.htm


先祖の方々が遺してくれた石碑や「地名」に込めた思いなど、これまでにも教訓となるものがあったはずですが、この東日本大震災を機会に、より一層「再びこの地の人々を危険な目に遭わせない」という気持ちが強く育っているんですね。

3.11の前震が起こったのは、本日9日。(個人的には9日が東日本大震災の始まりだったと思っています。)
お昼少し前に大きく揺れて、その後も震度こそ小さかったけどマグニチュードの大きいのが続いていました。。。そして、あの日。

多くの人が、地震・津波・原発事故で、考え方を方向転換させました。人生が悲しい方向に変わった方も多いです。…ですが、ここから何か大切なものが得られることを願ってやみません。すぐじゃなくても、いつかでも…何か得たいと思います、私も。

Posted by 猫ずきん at 2012年03月09日 19:35
初めまして。いつも拝見させていただいております。
今回の記事、大変共感しました。私も以前から自然災害と戦争などの被害の受け止め方がゴッチャになっている事に、何か違うのではと感じておりましたので、ぽっぽさんが分かりやすく言葉にして下さって非常に胸がスッキリしました。ありがとうございます。
Posted by ごまめ at 2012年03月10日 11:11
こんにちは。ご無沙汰いたしておりますm(__)m。

明快な区分に同感しました。

確かに残すべきものとそうでない物はありますよね。

私は個人的に携帯電話に写真や動画として残しています(主に液状化現象ですが)。写真の場合は比較出来る物(例えばA4ファイルや物差し)を添える事もあります。

御自愛下さい(・_・)ゞ
Posted by 西船橋マン at 2012年03月10日 11:34
ぽっぽさん、こんばんは。
どこか忘れましたがある地区で、過去の津波の経験からここより下に住むべからず、という石碑がたっていて、住民はそれを守り不便であっても高台にすみ続けていたため、被害を最小化できたという話がありました。
そういうことなんだよね〜と思いました。
Posted by ひろ at 2012年03月11日 17:46
ヨーコさんへ
こちらこそです。(^O^)/

け-こさんへ
はい(*^^)
少しずつでも前へ進むことが大切ですからね。

猫ずきんさんへ
こういう出来事は「伝承していく」ということがとても大切ですものね。(゜ー゜)(。_。)ウンウン


ごまめさんへ
お初でございます(*^^)
はい。”戦争”などと”自然災害”では違いが大きいものですからね。


西船橋マンさんへ
社会的な要素と各個人で心がけていく要素というものもありますよね。(*^^)
個々でも、それぞれに必要と思ったものを伝えていくという心がけは大切なのかもしれません。


ひろさんへ
はい。実際にそういう地域があって、そこでは被害が少なく済んだのも事実なんですよね。(^^ゞ

Posted by ぽっぽ at 2012年03月11日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック