;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2012年01月24日

地震発生確率「何%」の無意味さ

本日二度目の記事です。(*^^)


私自身、「地震予測関連の情報」といったものは
いちいち入手しようとは思ったことがないので、
サイトやブログなどで書かれている情報でれあば
ほとんど内容を目にすることは無いのですが・・。
(^^ゞ

それでも、公の機関などが発信する”地震予測情報”
ともなると、必然的に新聞やテレビで報道すること
が多くなるので、知ってしまうことが多くなります。
(^^ゞ

正直・・あまり知りたくはないんですげとね。(笑)


で・・

何故か、昨日・本日と新聞・テレビから

かわいい地震予測関連情報

がやたらと発信されているので、少々”思い”を
記しておこうかと思った次第です。(*^^)


公の地震研究機関や地震研究をしている大学教授
がなにやら、こぞって・・


「どこどこの地震発生確率が何%になった」

というような情報を発信しているわけですが・・。


正直、あきれているんですの。o┤*´Д`*├o

大きな予算(お金)を使って、研究して・・発表
する情報がこれかいっ・・て感じなんです。(^^ゞ

ここまで何度も記事やコメントなどを通じて話を
してきていますが・・


”地震予測関連の情報”を発信する目的とは、誰かの
役に立つ

ということだと思うんですよね。それが数人であっ
てもかまわないんです。(悪い影響が無い場合の
話ですけどね)


なのに

「地震発生の確率」

なんて情報は、まったく役立たない情報なんですよね。


”確率”が役立つケースというのは

概ね実際に”高確率”のものが現実となることが多い
もしくは”確率の高い”ものから順番現実となっていく

という場合にのみ有効な話(情報)なのです。


これを大地震に当てはめてみると近年まったくの逆と
なっていることがわかるんですよね。(^^ゞ

兵庫淡路大地震が発生して以降、大地震と呼べる
ような規模(例えば震度6以上を記録した地震)の地震
が複数発生していますが・・。

いずれも、「地震発生確率」の順番でいえば下位に
位置するようなものばかりです。

岩手内陸部で震度7を記録した内陸部での地震などは

「地震発生確率 0%」の場所

と設定されていた地域なんですもの。(^^ゞ


どちらかというと、確率が低い・・もしくはまったく
想定していないエリアで大地震が発生しているといった
のがここまでの現状なのです。


ですから

「地震の発生確率」なんてまったくの無意味な情報

なんですよね。(^^ゞ

それなのにも関わらず、東北太平洋沖地震といった
想定外と地震学者たちが言っている地震が発生した
ばかりだというのに・・


まだ「どこどこの大地震発生確率が何%になりました」

なんて話を情報発信してくるなんて、正直専門家でも
なんでもありません。(;一_一)素人以下といった
印象です。


基本的に予算を使って地震防災に生かす情報提供を
するのであれば・・

・地震の実体を詳細に伝達する。(実際の揺れによる
ダメージの少ない現状など)

・地域ごとの詳細な地震による影響及び危険因子の
洗い出しと情報発信。

・大前提として、大地震は常に発生する可能性はある
ものであることを、当たり前の出来事として認識を
広める。

などなど

他に沢山やるべきことはあるはずなんですよね。


今の状況の地震発生確率なんて・・1%でも99%でも、
同じ意味なんですから。



まあ・・公の機関&大学機関(地震研究機関)に関する
話ですので・・堂々と(笑)批判めいた話となってしま
いましたが

これが現実なんだと思います。

M9といった地震が発生した後なんですからすべての
地域で大きめ地震の発生確率なんて高まっていると
考えるのが当たり前・・。

いちいち「何%」なんて表記する必要も無し(無意味)

それどころか、こういう「確率」なんて無意味な形で
の情報発信こそが一番多くの人々に不要な”恐怖心”を
与えるものなんです。

そういう意味では、昨年「北大の教授」が

”いつころの期間”に
”どんな規模”の地震が・・”どんな場所”で発生
するかもしれない・・

といった”予測情報”を発信して話題となりましたが
、よほどこのような情報のほうが価値あるものとなる
んてですよね。

この場合は「地震予測情報」と呼べる内容となってお
り、天気予報感覚で情報参照すればいいのです。

予測情報通りとなろうが、予測がはずれようがそういう
前提で、情報発信及び情報を受け留めておけばいいの
ですからね。(^^ゞ


地震予測情報が天気予報と同じような位置付けとなる
のが理想的ですよね。(*^^)

そのためにはまずは、「地震の実体」を多くの人に認識
してもらえるように、広報することが大切なのだと思っ
ています。

地震の”揺れ”そのもので直接生命が脅かされる危険
は他の様々な現象と比較しても少ないのですから。

そういうことが、論理的・心理的に理解できくるよう
になると、地震という自然現象と仲良く共存していけ
るようになるのだと信じています。私σ(*^.^*)は。






















posted by ポッポ at 18:14 | Comment(18) | TrackBack(0) | 地震「その他」情報
この記事へのコメント
ポッポさん こんばんわっ 仮眠から覚めて 夜勤前にホッホさんの お守りメッセージ拝見いたしました ありがとうございます
Posted by なかちゃん at 2012年01月24日 18:22
なかちゃんさんへ
これから夜勤なんですね。(*^^)
ヾ(*'ー')o いってら〜しゃい。
そして、お守り投げ

ポイッ (/・・)/ ⌒ ○┼<

あっ・・人だった。(笑)
Posted by ぽっぽ at 2012年01月24日 18:34

ポッポさん
詳しいお話しありがとうございました
更に 心強くなりました
感謝です

Posted by 神奈川@りり at 2012年01月24日 18:46
いや、全く。
70パーセントとかって意味不明です。。。解釈不能。
予知が難しいと考えるなら、中途半端な研究はやめて、予算を被災地の復興や防災対策につかって欲しいと思います。
もっと真剣にやって欲しい。

このての情報にいつも怒りをおぼえており、熱くなりました。すみません。
Posted by ひろ at 2012年01月24日 19:03
お久しぶりです(^∀^)

まんまと…不安になってました(笑)

たしかに地震自体で命を落とすコトは無いですもんね☆
ましてウチは鉄筋2階建てアパートで、しかもロフトに寝てるので家具がありません!

屋根が落ちない限りは大丈夫そうです(^_^)v

ポッポさんのお話を読むと、いつも安心します☆

ありがとうございます♪
Posted by ぷんぷん丸 at 2012年01月24日 19:46
こんばんわ!
いつも記事を興味深く読ませていただいています。
今回の記事についてですが、確かに確率の話を持ち出したら静岡なんてまさかの88%(笑)ですからね。
当たろうと当たるまいと散々言われてきた事なので今更おろおろする事もありません。
研究の話ですが、正直判断が難しいと思います。一見無意味に見えて積み重なった結果、意味のあるものになるような気もしますしね。宇宙の研究なんて普通に暮らしてる自分から見たら無意味極まりない。しかし、その果てに隼projectは成功したし、人類は月に行けたんだと思います。地震の研究もそれに近いのかなと自分は考えます。だからといって研究の論文内容なんて説明されてもちんぷんかんぷんでしょうしね(笑)。
日頃から備えていれば、心構えをしっかり持っていれば何が起きても大丈夫!という風に自分は考えます。
長文失礼しましたm(__)m
Posted by 静岡人 at 2012年01月24日 20:09
神奈川@りり さんへ
はーいヽ(=´▽`=)ノ

ひろさんへ
(゜ー゜)(。_。)ウンウン
まったくもってなんですよね。(^^ゞ

ぷんぷん丸さんへ
不安がらずに”心と対策”を備えておくというのが一番ですからね。(*^^)


静岡人さんへ
はい。(^^ゞ確率でいったら、なによりも先に「東海地震」が発生していなければいけないことになってしまうんですもの。(^^ゞ

何事も「研究」はそれぞれの思考・思いでどんなことでも推進していくことがいいのだと私も思っています。(*^^)
例え現時点で”無意味”と思えることであっても。

ただ
注意が必要なのが”公に情報を発信する”ときには、そこに”意味”をもたせなければいけないということなんですよね。(^^ゞ

このような「自然現象(地震予測など)の予測」に関連する情報のときには、単に無意味なだけならまだしも、”迷惑”を広げることに繋がりやすいので。(^^ゞ

そんな情報を受け取る我々としては、おっしゃるように「日頃の備えと心構え」さえ持っていれば、いいものと私も思います。(*^^)

Posted by ぽっぽ at 2012年01月24日 20:56
ぽっぽさん、本当に最後にします。本当に。
今回の報道を見て、かなり不安になり、ぽっぽさんの記事を読ませていただき本当に本当に心強くなりました。
最後に質問させてください。地震の揺れでは生命の危険はないにしても、やはり内陸では火災が心配です。海沿いは、津波で、揺れが収まったら、高台に避難。実際、内陸の私は、揺れが収まったら、周りの情報、火災があるかを落ち着いて判断して、広い近くの大学に避難しようと考えています。
万が一、火災旋風、火災がかなり広がった場合は、新潟のほうの日本海に避難しないといけないのかと母と話し合いました。
実際、車で避難できるのか、徒歩なのか。
最悪の事態までシミュレーションしているのですが、どうでしょうか?
本当に最後の質問にさせていただきますので、回答お願いできたらと思います。色々とご迷惑をおかけしまして、本当にすみません。
Posted by ユズ at 2012年01月24日 21:40
こんばんは(。・_・。)ノ
私も同感です!!
311で色んな所の地震確率
高い数値ですよね冷や汗
311ではまだ揺れてない
私の住んでいる
千葉県沖(房総沖?)
とかも.....
確率高めですがげっそり(笑)
まぁいつどこで揺れても
おかしくないので
心構えだけは万全指でOK
ホント数字だすなら
違うとこにお金使って
欲しいですよねがまん顔失恋

前から思っていましたが
ぽっぽさんの文章の
書き方?まとめ方?
わかりやすくて
読みやすいから
理解しやすいですうまい!ハート
Posted by みぽり at 2012年01月24日 22:46
変な噂あります
数日内に大地震くるとか
磁気がどうとか

学校でもちきりです

お母さんとバラバラ怖いです

家も築43年です

死んじゃうのかな
川も近いです



東京の足立区川口市の隣あたりです


なんで、私達がこんなに地震にあわなくちゃいけないのですか?
Posted by 中学生 at 2012年01月25日 00:19
ポッポさん、こんばんは。
お忙しいところ更新ありがとうございます。

首都直下地震の確率の話題で賑やかな中、多くの人が感じているであろう無用な恐怖感を払拭させてくれる記事だと思いました。(というこでROM専門に戻るつもりがまたコメントしてしまいました・・・毎度スイマセン(^_^;)

地震は得体が知れない(いつくるかわからない、被害規模が見えない等)ですから、私同様に恐怖や不安が先行しがちな方も多くいらっしゃると思います。

たとえば阪神大震災は、たしかに被害は甚大でしたが「すべての建物が倒壊したわけではない」ですし「街のすべてが火災被害にあった」わけではないですよね。(実際に、マンションやビルなどは火災延焼被害も倒壊もほとんどなかったという資料を見たことがあります)

ですから、ポッポさんのおっしゃるとおり、地震は発生するものであるという大前提に立って、確率云々を発信するよりも、「地域ごとに気をつけなければいけない点」「防災に関する心得」など、生きた情報を発信するのが先決だと感じています。

マスコミ批判をするつもりはありませんが・・・
ちょっと今回の話題に関しては(というか、地震や自然災害関連では多くあることかもしれませんが)確率という数字(=情報)が先行してしまって「地震=恐怖」という感覚の植え付けを助長している感が否めませんでしたので、ポッポさんの記事を大きくうなづきながら読ませていただいた次第です。

ということで、日ごろのシミュレーションに励みつつ(笑)平常心で日常を送りたいと思います。

長文失礼いたしました。
Posted by おこめつぶ at 2012年01月25日 00:51
ぽっぽさんこんばんは


最近二度目の記事発見するとなんだか切なくなります。
すごく律儀ですよね、ホントに。
必要な情報だとすぐに更新してくれるぽっぽさんの姿が目に浮かびます。
ありがとうございます。


確率の話結構好きですよねメディアは。ありがたいっちゃありがたいんですが。あの当時も震災発生後一週間はM7クラスの余震発生確率が7割とかラジオで言ってました。結局来た記憶ないです。


最近は発生確率がとかそういう情報よりも、揺れに対してどう対策したらいいかとか、復興に向けた方針とか具体策の話題の方が気になります。
早く沿岸の方のために防波堤とか頑張って造っていただきたいですね
そろそろまた気が抜けてきた頃なので防災用品揃えなくては…
今日たまたまチェックした消火器も結構古くなってました。いざって時使えなきゃ意味ないですよね。


最近寒すぎですね
早く被災地の方が穏やかに過ごせる春が来ないかな
Posted by 不躾人 at 2012年01月25日 00:56
みぽりさんへ

こんにちわ(*^^)
はい。自然現象と付き合っていく上では「心構え」を持っておくことが一番大切なことなんですよね。

中学生さんへ
こんにちわ(*^^)
「噂」はいつの時代においても絶えないものなんですよね。

論理的な話ではありませんが

”自然現象(地震・噴火など)”に関する「良くない噂」というのは、ほぼ噂のような状況とはならない・・といった傾向があるものなんです。不思議ですけど(^^ゞ

同様に
”大きな地震が来そうだ”といった、噂や情報が飛び交っているときほど・・そういう地震が発生してこないんですね。

逆に
人々の意識が希薄となっているときに、大きな自然現象(地震・噴火など)が現れてくるというのがひとつの自然の流れのようになっているように感じています。(*^^)

ですから、そういう意味では”噂が飛び交っているとき”ほど安心できるといえるのかもしれませんよ。

ただし
”安心感を持って生活”するというのと

”自然現象(地震など)に対する興味・意識を持たない”

ということとは大きな違いがありますので注意が必要なんですね。”怖さ”を無くしていくためには、その対象としっかり「向き合う(意識をする・相手を理解する)」ことが大切なんですね。(*^^)

友達同士でもそうですよね。

嫌な相手・怖いと思う相手に対して、意識を遠ざけようとしているだけでは、いつまでたっても、「嫌・恐怖心」はなくならないもの。

もちろん、そういう相手と無理して関わり(深い)を持つ必要はありませんが、心の中(心構え)で相手の実情を理解しようとすることがとても大切なんだと思うのです。(*^^)

そんな意識で自然(地震)と向き合っていけるようにすれば、地震の”揺れ”だけで簡単に生命を失うものではない・・といったことが心の底から理解できるようになってくると思います。ヽ(=´▽`=)ノ
Posted by ぽっぽ at 2012年01月25日 10:19
おこめつぶさんへ

まさにそうなんですよね。(^^ゞ
正直「情報発信の仕方」が適切ではないと思っています。

不躾人さんへ
はい。ヽ(=´▽`=)ノ
案外、防災備蓄品でも知らないうちに「賞味期限切れ」とか必要不可となってしまっているものなども多々あったりしますからね。一年に一回くらいは、再点検しておきたいものですよね。(^O^)/
Posted by ぽっぽ at 2012年01月25日 10:23
返事ありがとうございます

今日も学校では夜中に崩れて死ぬかもねとか言われてしまいました。

家が古いから






だからこない


唱えながら寝ます
Posted by 中学生 at 2012年01月25日 21:50
中学生さんへ
こんばんわ(*^^)
家が古いというのは、別の視点から見れば

「43年間も倒れることなく存在し続けられている家」

ということなんですよ。(*^^)
すばらしいですよね。

ですから、そうそう地震ごときで、”崩れる”ことなんてありませんよ。きっと。=*^-^*=にこっ
Posted by ぽっぽ at 2012年01月25日 22:01
中学生さんへ

通りすがりの「猫ずきん」と申します(*^▽^*)

私の仙台在住の友人も、「実家の近所(仙台の内陸側)の古い家も倒れないで建っているよ。震度7でも!みんなで“あの家、よく頑張ったね〜偉いね〜”って話していたんだ」と言っていました。

これは私(都内在住)が自宅の構造の不安をもらし「壊れるにしても、人間が死なない程度にして欲しいよ(^^ゞ」といった言葉に対してでした。

ぽっぽさんも仰るとおり、たとえ古くても、家は結構頑張ってくれるようです!また「頑張ってもらえるように」感謝して住んでいると気分も変わるかもしれませんよね(^_-)☆

我が家も「100%無傷で!」は贅沢な望みかもしれませんが(笑)、猫が居るので「避難所に行かない程度に…」と願っています。

噂は言っている方も不安なのかもしれないですね。風邪をもらわないように気をつけるように、不安ももらわないように気をつけてくださいね♪

★お邪魔した上に、長文ですみません★

Posted by 猫ずきん at 2012年01月25日 23:04
猫ずきんさんへ
暖かい「言霊」ありがとうございましたヽ(=´▽`=)ノ
でも・・”通りすがり”ではないでしょ。すでに。(笑)
Posted by ぽっぽ at 2012年01月26日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック