;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2011年08月15日

夏休み特集「地震予測と天気予報の類似点」

本日二度目の記事となります。(。・_・。)ノ

今回も「夏休み特集」。


「地震予測は本質的に天気予報と同じ特性があること」

についてお話してみたいと思います。(*^^)


基本的に、”自然現象”を対象にしてその動向を予測
するという意味で

「地震予測」も「天気予報」

もまったく同じ要素となります。

”天気予報”では、基本的に「雨・雪の降雨、降雪」が
予測の対象となっているのに対して

”地震予測”は「地震の有無」が予測の対象となってい
るわけですね。(^^ゞ

まあ・・当たり前のことですね。


自然現象の有無を予測する

ということでは、まったく同じことなんですが、現状の
認識には大きな違いがあるかと思います。

”予測精度の違い”

がもちろん大きな要因となっているわけですが・・

地震予測に関しては、「予測情報の表記・記載が一定で
ないこと」が一番の要因かなぁ・・と思っています。(^^ゞ


そもそも

”天気予報”に関しても、単に「今日外出するための対応」
として考えたときに、「常に雨が降っても良い体制として
折りたたみ傘をもっておく」ことを心がけておけば・・

天気予報なんていらないわけです。(^^ゞ(外出するため
の情報としてはという意味ですよ)

”地震予測”もまったく同様で・・。

「常に地震発生するものと考えて、土地・建物の対応や
地震が来たときの家具が倒れてこない準備及び地震後の
防災準備などを整えておく」

ことをしっかりやっていれば、地震予測なんて情報は不要
なわけですね。(^^ゞ


それでも・・

「ちょっとこれから外出するつもりなんだけど、洗濯物を
外に干してでかけても大丈夫だろうか・・」

と考えたときに、”天気予報”という情報が役立つわけ
です。精度はともかく、自分自身の判断目安があること
で・・「洗濯物を干して外出するかどうか」を決めるきっ
かけとすることができるわけですね。

でも・・

この時の”天気予報”が・・。

「今後、雨が降る可能性がありそうです」

といった表現・情報だけだと・・困りますよね(^^ゞ

せめて・・

「関東地方では、明日・あさってと雨が降る可能性があり
そうです」

と書いている情報でないと・・情報が上手く活用できませ
んよね。

そう・・幅はあってもとにかく・・

「場所」「時期」の情報

は少なくとも記載されていないと”天気予報”の情報とし
て活用できないものです。

これと同様に

”地震予測”情報も活用しようとすれば、天気予報と同じ
く・・

大まかな「場所」「時期」の情報は、記載されていないと
上手に活用できないものとなってしまうんです。
そう考えていますので・・
「地域」と「時期」は予測情報を発信する上ではかならず
記載するように心がけております。(^^ゞ



私個人的には、”地震の予測”も”天気の予測”も同じ
ような感覚で活用されるようになっていくといいなぁと
思っています。(^^ゞ

最初に記したように
本当の「防災」という意味では、常に防災準備と対応を
心がけておくことが重要なことであり・・そうなってい
れば”地震予測”などは不要なんです。

ただ

日常生活の中で、「旅行」や「移動」なども含めて地震予測
が天気予報のように役立つ・・”何か”ということもあるの
ではないかとも思うのですが・・どうでしょうかね。(^^ゞ

”天気予報”というと気象庁から発信される天気図情報
などから予測されるものをイメージされるかと思いますが
・・

実際には、各地で生活している方々の中で・・特に農家
を営む方や漁業などをやっている方の中には、独自に
地域環境・自然環境から、”天気を予測すること”に長けた
方も多々いらっしゃいます。(^^ゞ

そういった情報は、その地域においてはなにより有用な
天気予測情報なのではないでしょうかね。

そんな風に、各地で点在して・・自然環境など様々な観点
から”地震予測”情報が発信されるようになるといいなぁ
と思っています。私としては。(*^^)

るんるんるんるんるんるん

次に

地震規模に対するイメージ

について簡単にお話してみたいと思います。

例題という感じになりますが・・(^^ゞ

次の2つの地震に対して、どんな印象を持たれるでしょうか。


1)M7.9 最大震度5弱

2)M5.6 最大震度6強

やはり、一般的には前者の「M7.9」の地震に対して

”大規模地震が発生した・・”

として、大きな衝撃も受けるでしょうし、報道などで
も取り上げられていくかと思います。

ただ・・。
人への影響、災害の可能性という意味では、本当は
後者「M5.6」の地震のほうが高いものとなっている
んですよね。(^^ゞ

どうしても

かわいい地震規模

という要素を重視してしまいがちなんですが、実際に
は”規模”ではなく”揺れ度合い”のほうが重要なん
ですね。


さらに正確に言えば

”規模”よりも、「津波の有無」と「揺れ度合い」が
重要


ということになるのです。

とにかく地震の特徴としては・・。

「海洋部」or「内陸部」

で違いがあって・・


かわいい”海洋部”での地震は・・。

*規模と比較して、”揺れ”は小さめとなる傾向がある。

*津波の発生の可能性がある。

*”揺れ”を感じる範囲・地域が広くなる。

*”揺れ”の時間がわりと長くなる。

といった傾向があります。

対して

かわいい”内陸部”の地震は

*規模と比較して、”揺れ”が大きくなりやすい。

*津波の発生は無し。土砂崩れの可能性があり。

*”揺れ”を感じる範囲がわりと狭い範囲となる。

*”揺れ”の時間は短めながら、”縦ゆれ”などの激しさ
を感じやすい揺れの質となる。


こういった違いがあることを念頭に・・。

地震予測などで、あまり”地震規模”に左右されない気持ち
を持つことも大切なポイントとなるのではないでしょうか。
(*^^)





この記事へのコメント
こんにちは♪
何度も更新やお返事、お疲れ様&ありがとうございます♪

天気予報でも何でも…日常生活の中でも、いろいろなことに「頼る」のではなく「参考にする」ということが大事だなぁとよく思います。もちろん頼りたい気持ちも分かりますがf(^^;
判断や結論を全て委ねるかどうかは、意外に結果的に大きな違いを生むなぁ〜
……と、最近全く別のジャンルで思うことが多かったのですが、この記事を読んだら、他のいろいろなことでもそうなんだなーと、改めて思いました(笑)

考えてみたら、前回の投稿でも 無意識に自分はそう記してましたね(^^ゞ
またひとつクリアになりました(笑)いろんな意味で発見が多いので、読んでいて楽しいです(^^)v
Posted by みそたまご at 2011年08月15日 16:24
すみません。先程の…
記事の結論とは関係なくて、読んでいて自分に浮かんだことを記しただけですので…勝手ですみません(^^;

今日は久ーーーしぶりに昼間が休みで…ちょっといつもとは違うこと(書き込み)をして楽しんでました(^^ゞ
Posted by みそたまご at 2011年08月15日 16:49
先程は、質問に丁寧にお答えいただきましてありがとうございました。耐震制度を調べ、土地の力を信じ、備蓄をしながら、普通の日々を過ごして行こうと思います。本当に暑いですね。お体に気をつけて下さい(^O^)/本当にありがとうございました。
Posted by かたつむり at 2011年08月15日 18:12
みそたまごさんへ
(゜ー゜)(。_。)ウンウン
そうなんですよね。(^^ゞ
何事も、”参考”にして”判断”する・・という流れが大切なんですね。

”頼り”すぎてしまうと・・この”判断”するという部分が抜けてしまいますから(^^ゞ

夏休み期間でもありますし、いろいろ書き込みやブログ巡りも楽しい発見がありそうですね。ヽ(=´▽`=)ノ


かたつむりさんへ
はーいヽ(=´▽`=)ノ
こちらこそです。
Posted by ぽっぽ at 2011年08月16日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック