;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2011年08月11日

夏休み特集第三弾「3つの地震タイプ」

一気に・・本日で特集完了。(。・_・。)ノ

第三弾としては、「地震の3つのタイプ」に関して
です。(*^^)


これを知っておくと、地震が発生したときにいろいろ
自分なりに”心構え”が持ちやすくなったりするので
はないでしょうかね。



結論からいいますと、”地震の発生の仕方”によって
下記の3つのタイプが存在しています。



1.本震-余震型地震

2.前震-本震-余震型地震

3.群発型地震

の3種類です。(*^^)


まずは
「本震-余震型地震」から。


かわいい本震-余震型地震

110811-1.jpg

基本的に一番オーソドックスな地震タイプではないかと
思います。

いきなり、「本震」と呼ばれる主となる地震が発生した
後に「余震」が発生していくタイプです。

この場合”余震”の発生パターンによって、さらに2つ
に分類することができるんですね。

満月だらだらと小さな余震が続いて・・減衰していくタイプ。

満月やや大きめの余震が発生するタイプ

の2つです。

このタイプの地震の場合、最大の特徴となるのが

かわいい本地震が最も大きく、余震は本地震以下の規模

であるということ。ですから通常は”大きめ地震”が
発生した後はそれより大きな地震は発生しないと推測
することができるんですね。その地域では。
(ただし、震源域とは別の地域での誘発地震の可能性
はあるわけです。(^^ゞ)


続いて

かわいい前震-本震-余震型地震

110811-2.jpg


このケースでは、本地震の前にある意味”前兆”を示す
ような”前震”が存在するパターンです。

このケースでも前地震の違いによってさらに2つに分類
することができます。

満月前震として、小規模地震がダラダラと発生するタイプ


満月中規模〜やや大きめの地震が前震として発生後に本震が来るタイプ

の2つです。

これはある意味”前震”が前兆を意味しますので地震
発生後の地殻状態の変化や地震エネルギー状態の変化
を見極めていくことがポイントとなるのです。(*^^)

最後に

かわいい群発型地震

110811-3.jpg

現在の「茨城沖・福島周辺」などはこのタイプの地震
といえそうですね。(^^ゞ


目だった本震というものは存在しておらず、同じような
規模の地震がダラダラと続くタイプと

本地震はないものの、比較的大き目の地震と余震が複数
組み合わさった形で継続していくタイプの地震に分類す
ることができます。

茨城・福島周辺は後者の地震タイプとなるかもしれませ
んね。



基本的には「群発タイプ」の地震は本震が無いためあま
り被害の心配はありません。

ある意味一番注視しておきたいのは・・


「前震-本震-余震型地震」

であるかどうかを検証しておくことでしょうかね。(*^^)

ちなみに暫定的に”駿河湾周辺”での地震発生に注視し
ているのは、このパターンの地震の可能性を考慮したか
らなんです。

(。・_・。)ノ


タグ:地震情報
この記事へのコメント
こんばんは〜ポッポさん。地震に関する基礎的な事をわかりやすく説明して下さってありがとうございますわーい(嬉しい顔)わかっているようで実は何もわかっていなかったように思います冷や汗ただ怯えているだけだったけど知識が少しでもあるだけで随分違うのですね。地震予測に関する記事も私はとてもありがたく読ませていただきました。震災以降始めて予測サイトを訪れた人かなり多いと思います。そして複数のサイトを見れば見るほど不安に押し潰されそうになっている人もかなり多いと思います。私は耳圧が凄いです 吊し雲があります ペットが避難所に潜ってます全方位警戒です 等々の体感のみを書き連ねてるサイトはもう見ません。だから何なの?と…こんな書き方じゃ素人の私はただ不安にさせられてるだけじゃない…と怒りさえ感じました。ポッポさんのコメント欄には最近他サイトの体感に関する質問が多くなってきて丁寧に答えて下さってました。みんな不安な思いは同じなんですね。読み手である私達が賢く情報を選択する方法をポッポさんは教えて下さったのだとと思います。ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
Posted by さくら at 2011年08月11日 23:09
さくらさんと同意見です。震災があってから、やはり、地震予測のブログを見る方が私も含め、かなり多くなる中、だいたい見ている人ってすごく地震に敏感で恐れている人が多いんですよね。。私も正直言うと、6人ぐらいの地震予測ブログ+占いのかたまで見ていました。そんな中、ポッポさんの記事を見て、ただ不安になるだけだから、やめようと思うブログが多々出てきました。
そして、私は何よりポッポさんは地震について本当にわかりやすく説明してくださって、ポッポさん自身、地震が怖くないというところにかなり惹かれています。これからもよろしくお願いします(^^)v
ちなみに、ポッポさんは、近々、巨大地震はあると思いますか?さきほども書いたのですが、私には、0歳の息子がいます。まだ小さな娘もいます。この子たちの未来は・・と考えると、胸が苦しくなるときがあります。娘は、かなりの地震恐怖症になっています。移住なんて、そう簡単には出来ないので、とにかく今住んでいる地盤や液状化などを調べたのですが。なかなか地震への恐怖心は消えないですね(><)
Posted by ユズ at 2011年08月11日 23:30
こんばんは!地震予測のブログを見るのを少しお休みしてたら、ポッポさんの夏休み特集が沢山あって、ちょっと驚きました。
そして、ありがたく読ませていただきました。
予測の読み方からこの記事まで、まとめてお礼のコメントさせてください・・・!

とにかく・・・。
ポッポさんの文章は、わかりやすいし、恐怖に慄く表現はないし、安心できます!

私も結構な数の地震予測ブログを読みふけってしまうタイプで、最初は「警戒」とか「大きめ体感」などの言葉に超ビビってましたが、最近はそのような言葉にビビらなくなってきてました。緊張はしますが、怯えるのではなく、防災準備や心構えしたり。なぜか掃除もしちゃったり。
そんな中での「地震予測情報の読み方」は、とっても勉強になりました。ビビるのではなくて、防災に努めればいいのね、今の私でいいのね?なんて思いました。そして、文章の表現って、大事ですね、本当に。

「3つの地震タイプ」も、すごくすごくわかりやすくて、その事にも感動してます。
地震関係の文章って、、、、難しいです。でも、この文章はわかりました!
あの駿河湾の地震が前震だったら困ります・・・。でも仕方ない、自然な現象なのですから・・・。
さて、
今日も暑いだろうと天気予報が言ってました。暑い日は地震が起きやすいのでは?と素人の私が思っていますが。
そして噂の12日!ですね。
一応、用心用心のココロで行動します。
(ちなみに、こないだポッポさんが書かれたあのブログは、見れなくなっちゃいましたね。。。。)

いつも更新ありがとうございます!
今後も宜しくお願いします!
Posted by あふろん at 2011年08月12日 02:31
地震はタイプ別に分けることが出来るんですね。分かりやすくて納得しました。
駿河湾はまだ本震の可能性があるんですね‥。今更ながら大きな家具を固定してみました。耐えてくれるかな〜。

そんな中、週末家族の用事で東伊豆に行く予定があります。海の近けなので幼い子ども達に見せてあげたいと張り切る夫。。不安はありますが、とにかく無事用事が済めばいいなと思っています。

幼い頃から噂か飛びかうと非難用具を持って遊びに出掛けるほど、心配性な子どもでした。 震災以来、自分を追い込んでしまいそうだったのでポッポさん以外のブログは見ていません。子ども達がいるため不安で仕方なかった私ですが、励ましのアドバイスを頂いたりと、今では子どもを守る為に日々の行動一つ一つでも考えて行うようになりました。強くなったな〜と。ポッポさんには感謝しています。

でも‥やっぱり週末もあるし、駿河湾沖は気になっちゃいます冷や汗心構え、心構え。
Posted by しぶ at 2011年08月12日 02:48
前回のコメントは誤字が多くてスミマセン。そして、西伊豆でした。
私自身、駿河湾内?の土地に住んでいますが、自宅にいるのと外にいるのでは心構えも違うので、ちょっとドキッとしてしまいました。

帰省ラッシュで道路も混みだしたみたいですね。運転される方はどうか安全運転で! 素敵なお盆休みをお過ごし下さいませ。
Posted by しぶ at 2011年08月12日 09:31
さくらさんへ
そうですね(^^ゞ
私自身、記事に記しているような理由もあって、他の地震予測系サイトはまったく見ないようにしているのですが、最近コメント欄にて、「他の地震予測情報」に関する質問などが増えていたので・・きっと、”認識しにくい情報の書き方”や”対応”となっているのかなぁ〜と想像したんですね。(^^ゞ

だって、きちんと風通しの良い情報発信を心がけているのであれば、そこのサイトが発信している情報で意味のわからないこと・・理解しにくいことなど・・当該情報発信する人と質疑応答などコミュニケーションをとって解決できるようになっていなければいけないものなんだと思うんですよね。(^^ゞ


ユズさんへ
これは私の考え方・・というお話になりますが(^^ゞ。

小さな子供たちにとっては、”怖いと思う気持ち”はとても大切なものなんだと思っています。

人は、子供の頃は様々なものに対して”怖さ”を学んでおくことが・・自分の身を守ることにもつながりますし、危機回避にも繋がるんですね。

なんといっても子供たちは”知識も経験”もごくごくわずかなものしかもっていないわけで・・様々なものが「未知のもの」であったりするわけです(^^ゞ

ですから本来は、「未知なもの」に対して”怖さ”を感じておくことこそが、自然な要素なんですね。

で・・
これらの”怖さ”というものは、ほとんどの子供たちが人生を歩む中で・・様々な知識を蓄え、経験を積んでいくことで”怖さ”が無くなっていくんです。(*^^)

これは、子供の頃は”怖さ”を持っていることで危機回避していたものが、今度は”知識”と”経験”といった要素で危機回避ができるようになっていくので・・”怖さ”が必要なくなるんですね。

地震のことを沢山理解(知識)していくと”怖さ”が無くなっていく・・というのもそういう仕組みがあるからなんだと思っています。(*^^)


あふろんさんへ
はい。(^^ゞ
”文章の書き方”でたぶん・・”話方”以上に心を配る必要があるのだと思っています。

何せもともと私は、子供の頃からとにかく「文章」を書くのが苦手で・・
夏休みの”読書感想文”なんて宿題があると・・常に「本に記してある、あらすじをほぼそのまま書いてました」( -_-)フッ

学校の先生には・・即座にバレてましたけど。_| ̄|●il|liやはりわかるのね(笑)


今でも”文章”が苦手という思いは変わっていませんからね。(^^ゞ日々失敗を糧にして、少なくとも”心を込めて”文を書くように心がけています。ヽ(=´▽`=)ノ


しぶさんへ
あっ・・でも静岡沖周辺で今朝地震がありまして、規模は小さめとなっていましたから「本震-余震タイプ」だったようです。ヽ(=´▽`=)ノ
だから、一応本日いっぱい経過観察しておきますが・・もう大きな地震の心配はなさそうですよ。(*^^)

そうですね。(*^^)子供たちにはとにかくも様々な体験をさせてあげることが、すご〜く大切ですからね。伊豆の海と山々の自然を大いに楽しんできてください



Posted by ぽっぽ at 2011年08月12日 10:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック