;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

2011年07月08日

「地震予測の表記」の仕方〜予測エリアの表現

こんばんわ(*^^)

今日は三度の登場。
まあ〜一日、眠かったのなんのって。(^^ゞ(笑)

今晩は”地震前兆”が無いことを願ってますよ。
お・ね・が・い・・<(_ _)>(笑)


るんるんるんるん

私の体感地震予測のブログは何度か移転もしなが
ら約10年くらい・・

基本的には、同じ方法で予測情報を綴らせていた
だいています。(*^^)

ですから・・

私の中では”当たり前”とか”いつもと同じように”
・・・という感じで記していることが沢山あるわけ
ですよね。


でも・・

最近、新しく訪問してくれるようになった方にとっ
ては、”当たり前”という要素はなく、すべてが
目新しいものであるわけで・・

”予測情報”などの受け取り方もまちまちであって
りしているのかもしれません。

本当に・・誤解を与えてしまうことのないようにと
”表現など”にも気を配ってはいるのですが


やはり、いつの間にか”当たり前感覚”で記してし
まっていることもあるんですねぇ。(^^ゞ


今回も、ちょっとしたご質問などをいただくやり取
りなどから、”誤解を与えているかも”・・と思う
ようなことも見つかったもので


あらためて、ご説明をしておきたいと思い、今回の
記事としてみたいと思います。(*^^)

るんるんるんるん


今回は

地震予測の表現の仕方〜地震予測対象エリアの表現

についてです。(。・_・。)ノ


本当は、「地震予測エリア」を示す上で・・

*地震予測範囲を示した図
*地震予測範囲を”地域名”で表現した言葉


の2つの要素を同時にUPしておくのが、間違いが
起こらない最も良い表現方法だというのは理解して
おります。(^^ゞ

ただ

今まで、「図」を作成してUPしただけだと・・

・携帯から閲覧している人が認識できない

ということがあったりして・・

結局、「図と言葉」の両方を誤解の無いようにと
表現しようとすると・・図の作成時間などが必要と
なってしまうので・・

時間の少ない”朝”や・・

地震前兆を体感感知して・・取り急ぎ、予測情報を
お伝えしたいなど・・

ということが多いので、ちょっと・・対応できなく
なっちゃうんですよねぇ。(^^ゞ


ですから、最近は「地域名」を含めた言葉の表現
のみで、地震予測対象範囲を示すようにしているの
です。


でも・・

どうやら、そんな表現も・・

”誤解”を与えてしまうこともあったようですね。
(^^ゞ

いや〜なかなか”文字”だけで正確に伝えるという
のは難しいものですねぇ。ヾ(_ _。)ハンセイ



そんな誤解を生まないようにするために

ここで具体的な例を出して、「地震予測範囲の表現」
について説明をしたいと思います。(。・_・。)ノ


■重要なポイント1
地震予測地域として表記した地域を含んだ”面範囲”
で、地震予測エリアを表現しています。


このことについて、一番最近2つの「地震予測と対応地震」
を例にして説明したいとおもいます。


例えば

5日の地震予測として下記予測をUPしています。

ー(長音記号2)
*茨城南部を中心とした円形範囲
(埼玉・栃木・千葉沖・福島沖を含む距離感))
*M4.5〜M5.8程度(震度3以上)
*5日〜9日まで
ー(長音記号2)


この時「茨城南部を中心とした円形範囲」と地域を
表現しているわけですが・・

どうやら・・

「茨城南部で地震が起きる」

と受けとめてしまう方もいたようですね。(^^ゞ

実際は、そういう意味ではありません。

誤解を受けないようにと・・”円形範囲”という表現
も付加・・

”埼玉・栃木・千葉沖・福島沖を含む範囲”ですよと
いう補足説明分も記してあったのですが・・(^^ゞ


図にすると下図のようになります。

110708-01.jpg

オレンジ色の円形範囲が予測対象エリアとなるわけ
です。


この時、円の中心が”茨城南部”あたりということで
「茨城南部を中心とした円形範囲」という表現として
いたんですね。


でも・・どうして”誤解”を与えてしまったのか・・

と考えてみたのですが・・もしかしたら・・。


図のような”範囲”を示したときに、その中心部に
あたる地域が最も”地震発生の可能性がある場所”と
いうように、捉えているのではないか・・

そういう方がいるのかも・・と推測してみました。


でも、本当はそうではありませんので、ぜひこの機会
に覚えおいていただければと思います。(*^^)


地震予測範囲はあくまでも”面”として捉えています。

ですから、その”面”の範囲となる地域ではいずれも
同じ確率で・・地震発生する可能性がある地域として
考えているのです。


実際に上記の地震予測に対しては


満月7日00時15分頃 茨城県沖 M5.8 震度3

という予測対応地震が発生しました。

図の赤色の「×」印の位置です。

この震源位置は、円形の地震予測範囲(オレンジ色エリア)
の中となっているわけですね。

ですから、この場合は「地震発生地域」は予測どおり
だったという結果判断となるわけです。(^^ゞ



もうひとつ例を示すと

7日に睡眠時体感地震予測として下記予測を示してい
ました。

ー(長音記号2)
睡眠時体感地震予測110707
*千葉沖周辺〜宮城沖周辺
*M5以上(震度4前後)
*7日〜14日まで
ー(長音記号2)


この場合「千葉沖周辺〜宮城沖周辺」という表現とし
ています。


この場合は

「千葉沖と宮城沖を結ぶラインを中心とした周辺範囲」

ということを表しているのです。(^^ゞ

図にすると下記となります。


110708-02.jpg

で・・

実際に上記予測に対応した地震として下記地震が発生
しています。


満月8日03時35分頃 福島県沖 M5.6 震度4


これも図の赤色×印を記している場所が震源位置とい
うことになります。

この場合も「地震予測地域(オレンジ色範囲)」の中
で発生している地震ですので・・


「地震発生地域」は予測どおりだった

という結果判断となるわけです。(^^ゞ


いかがでしょうか・・。(^^ゞ


地震予測地域は、「地域名称」で表現していますが
あくまでもその地域を含む”面の範囲”であるという
ことを、読み取っていただければと思います。(*^^)

いままでずぅ〜とこの表現でやってきており・・

今後も地震予測はこの形で表現していくことになりま
すので、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


るんるん

今夜は・・地震前兆がなければいいなぁ・・(∂。∂) ボソッ

とにかく・・安眠がほしい(笑)

















この記事へのコメント
ポッポさん、こんばんは。なるほど、10年近く拝見させていただいておきながら、今日の説明でよーくわかりました。○○を中心に…との表現は確かに○○県が震源に近いのだろうと勝手に思っておりました。やだ〜。今更ながらありがとうございます。とにかく、常に防災意識を忘れずに日々を淡々と過ごすのみですね。ちなみに、夕方あたりから右半分痛いですぅ。
Posted by くまくま at 2011年07月08日 23:06
おは〜(*^^)

くまくまさんへ
ですよねぇ(^^ゞ
いやいや、私のほうが勝手に当たり前〜と思ってしまっていることの中でもきちんと説明していないことも多々あったりするものなんですよね。

たまには、いろいろ説明も繰り返ししていくように心がけようと思います(。・_・。)ノ
Posted by ぽっぽ at 2011年07月09日 08:43
ぽっぽさん 皆さまこんばんわ♪

梅雨明け、です-。
いよいよ
夏本番ですね(^_^ゞ

文字で伝えるって…ホント 難しい( ̄^ ̄)
たいした事書いてない、私のコメントも…
30分ぐらい携帯とニラメッコしてることも(^-^ゞ

私は ずっと前からお邪魔してる訳ではないので…
勝手に解釈しちゃってるコトあるのかも…。

モトモト、ぽっぽさんの伝え方がすきでここに来ました♪

無理ない程度に 記事を更新してくれれば、とても嬉しいです(*^^*)
いつも、ありがとうございます♪

Posted by ほにみる at 2011年07月09日 17:38
ポッポさん 皆さん おはよです(^-^*)

今日は朝から夏!って感じの天気です。
暑くなると思うと梅雨明けも微妙な気持ち(笑)

ぉぉ〜っ!
確かに…表現って難しいですね。
目で見た言葉を頭でイメージする時にハッキリした言葉の部分が浮き彫りに…
残りはボヤッとさせてしまうかも(^_^;)
気を付けなくっちゃです!

そぉそぉ!昨夜の月…
もの凄く気味悪かったです。
西に傾いてから沈むまでの間の月…
いつもの色に赤を足したような、思いっきりオレンジでした。
誰かに確認して欲しくて、家族を呼びつけちゃいました(^_^;)
何もない事を祈ります。

良い休日を(^-^)
Posted by あんこ♪ at 2011年07月10日 09:17
ほにみるさんへ
コメ返信・・抜けてたみたいでした。_| ̄|●il|liすみません。(^^ゞ
これからも少しずつ「解説」のような話も増やしていきたいと思います。


あんこ♪ さんへ
完全に梅雨明けですねぇ。(^^ゞ
かなり本格的な夏を感じるようになりました。暑い・・。_| ̄|●il|li
Posted by ぽっぽ at 2011年07月11日 11:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック