;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

□スポンサードリンク

2011年03月12日

福島原子力発電の状況への対応

正直・・

ちょっとここでは、あえて触れないでいたんで
すが・・。

政府の発表には”行動”に対する多数の「疑問」
があるため・・安易に考えてしまってはいけない
という意味もありますから・・

思いを書くことにしました。地震災害の一環と
して。


で・・

まずは大前提として。

過度な心配は不要です。もちろんパニックになる
ような形で、思いつめてもいけませんからね。
(^^ゞ

こういうことはあくまでも、「事実」と「推測」
の両方の情報をきちんと分別して理解しておく
ことが大切なんです。

そういう心がけが未来に繋がりますから。(*^^)

”事実”だけを把握して信じるだけでは、未来
への行動に繋がらないのが自然界の流れたったり
しますので。


さて、話題にしたいのが

「福島の原子力発電の損傷状況」

についてです。

あまり科学的な仕組みの話をしても、理解しに
くい人も多々いるかと思いますので・・

もう少し単純な「疑念」という視点で話をした
いと思います。


夜20時の政府会見で

「原子炉及び格納庫は損傷が無い及び周辺定点
観測で放射能レベルは増加していない(低下している)」

ということである意味、最悪の状況には無いと
いう説明をしていました。

ただ

この話を単純に「安全」だ・・と理解してしまう
のは、まずいと思うのです。


ひとつは

「原子炉及び格納庫は損傷が無い」ことが確認
できのにも関わらず、逆に避難区域を「10キロ」
から「20キロ」に拡大したこと。

これは明らかに、”念のため”というレベルの
話ではありません。

さらに

「原子炉を冷却するために”海水”を使うこと
を決めた」

ということですが、実は通常は”水”で対応する
ものであり、”海水”を使うのはある意味最終手段
だったりします。その後・・施設が再活用できなく
なる可能性が高いため。

さらにさらに

あまり報道されていませんが

実は、消防庁の放射能対策の特殊部隊ともいえる
「ハイパーレスキュー隊」を福島原発に向わせた
のですが・・

一度到着したはずなのに・・しらないうちに・・
作業に入らず「避難」??いったん引き返したと
いう状況なんです。

これはあきらかに「とてもまずい状況がそこにあ
るから」と考えるのが普通かと。


さらにさらにさらに

水素爆発という説明なんですが・・

じゃあそもそも「原子炉内」での出来事から生ま
れた”水素”はどうやって、格納庫外に出てきたの?

というとても大切なことに誰も触れていません。
配管の亀裂など・・があるのではと疑われてもし
かたがない状況だと・・。


とにかく

やってること”行動”と言ってる事”説明”が
正反対のことをしているようにしか見えないん
ですよね。


そこで基本的には

今「福島原子力発電所」では、現時点での放射能
漏れの有無は別としても、この原子炉を封鎖して
(使えないようにして)でも、対処する必要があ
る・・

そんな状況だと理解しておくことが大切ではない
かと思います。

であるならばと・・


危機管理を考える上では、原発周辺エリアでは
やはり避難行動が必要・・実際すでに半径20キロ
圏内の人は避難していますので、まずはこれで
いいと思います。

次に

今後1週間程度の内に状況が大きく変化する可能性
があるということを念頭においておきましょう。

もちろん安全な状態になることもありますし・・

急激に悪い状態になることも想定しておきましょう。

なんといってもまだまだ福島周辺では中規模以上
の地震が発生するから。

あっ・・・丁度いま地震が来ました・・(;一_一)

福島方面かも・・。

続き

具体的には関東首都圏などでは、気象状況によって
風向きで放射能(ヨウ素など)が運ばれてくる
可能性はあると考えておきましょう。


そんな日には、「仕事」を休んでも「外出禁止」
の対応をとる必要がある・・・もしくは外出禁止
とするくらいの心積もりを事前に持っておくこと
が必要だと思います。

そこで具体的には最低でも「3.4日分」くらいの
食材はまとめ買いして、4日に一回買い物にいけ
ば良い・・くらいのパターンにしておくこと。

それと

仕事などの外出用事を・・そんなときには中止
とできるような「根回し」をしておくことなど
が大切かなぁと思います。


この”根回し”が大切なんですよ。(^^ゞ


家族で同じ「心積もり」を共有しておくことだけ
でも、考えておくといいのではないでしょうか。





posted by ポッポ at 22:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の体感報告
この記事へのコメント
190人が被爆の可能性と報道されてますね。
私も政府の発表が曖昧で違和感がありました。
パニックにならないように、情報に注意しようとおもいます。
いつも情報に助けられています。
本当にありがとう
Posted by ココナッツ@東京 at 2011年03月13日 01:57
ポッポさん、おはよーございます。ホントに原発の会見きいてもなにもよくわからないというかすっきりしない会見ですよね涙福島に親戚もたくさんいるので地震での無事は確認できたのに放射能なんて二次災害はいやですね。政府の説明には納得いかないので、自己
防御するしかないと思います。余震もあるし油断はできないですよね。
Posted by アールグレイ at 2011年03月13日 07:45
ココナッツ@東京さんへ

そうですね・・やはり被爆者はいたようです。うーん。でも、今後の対処が上手くいけば大丈夫。期待はしっかり持ちながらも・・自分が出来る範囲の対処はしておくことですよね。(*^^)

アールグレイさんへ

おはようございます。(^^)

本当に・・こういうときは「事実という現状」はそのまま伝えた上でリスクと適切な対処をしていることを両方伝えることが大切なんですけどね。

バニックを起こさないようにするのは

人の伝達力・発信力・・簡単にいえば「言葉の力」にかかっているんです。

そういう意味では枝野さんでは・・。うーん。
Posted by ぽっぽ at 2011年03月13日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック