;

110929.jpg

LOGOS 緊急持出ブックシェルフキット

カテゴリー「水・応急・避難・情報光・衛生・トイレ」別に厳選された防災用品セットです。置き場に困らないようにと、「本棚」に常備できるようにと考案されたアイデアグッズ。身近で目に付きやすいところに備えておけるのが特徴です。


【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

【子供・女性用マスク】3層不織布マスク 100枚セット(50枚入り×2)

・今年も「インフルエンザの流行」の季節がやってきました。早いうちから、家族の中でインフルエンザ対策を心がけておくことが大切です。近年のインフルエンザは他の要素と複合的に働いて、どんな重大な出来事が起きてしまうか・・わかりませんからね。”予防接種”も良し悪しがあると思っていますし・・。感染予防がまず一番大切です。


mat01-2.jpg

車中泊用快眠マット

・災害時には避難生活が余儀なくされることが多々あります。避難生活で課題のひとつとなるのが「睡眠」確保。固い床に毛布・ダンボールを敷いて寝床とすることになるのですが、その固さで睡眠が取れないとか体の変調が出てくるといったことが多くなります。そこで車を持っている人におすすめなのが、こちらの車中泊用快眠マット。日常車の中に保管しておくことで地震・水害時に活用できます。車中泊をすることもできますが、マットを避難所で活用することができるのが利点です。

◇スポンサードリンク

はじめに『体感地震予測とは』

ー(長音記号2)当ブログでは、「体感感覚」による地震予測情報を日々お届けしています。その基本となる、「体感感覚とは」「体感感覚の基本原則」について実際に私がどんな原則と考えのもと「体感」での地震予測を行っているのかを下記にてまとめておきました。(o^∇^o)ノ

日々ブログで活用している語句の意味も、理解しやすくなるかもしれません。(*^^)興味のある方は、まず下記をご参照いただければ幸いです。ペコリ(o_ _)o))
*****************
晴れ ≪体感≫地震情報〜予測方法など基本の情報

目次〜ブログ内情報について

ー(長音記号2)「過去の地震予測結果(結果検証)」については下記カテゴリー内に”予測結果”の記事を収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ地震予測結果報告(結果検証)

晴れ2011年3月9日〜7月10日までの地震予測結果まとめ はこちらを参照ください。

ー(長音記号2)「地震予測方法及び地震の心構えについて」は下記カテゴリー内の記事をご参照ください。

晴れ地震予測方法及び地震の心構えに関する記事 はこちら。

ー(長音記号2)「体感地震予測情報に関する記事」は下記カテゴリー内に収めていますので、そちらをご参照いただければと思います。

晴れ体感地震予測情報に関する記事 はこちら

携帯用メルマガ【体感情報】

ー(長音記号2)約5回/週程度 日々の「体感情報」をメルマガ(有料)にて配信しています。登録・詳細等は下記よりアクセスの上参照ください。ペコリ(o_ _)o))
また、メルマガ読者の方は”会員専用の地震予測情報「資料版」ブログ”を閲覧・コメント欄の活用が可能となります。

ー(長音記号2)毎朝、定期的(平日)にお届けする”定期メルマガ”の他に”地震前兆”を体感及び気になる自然状況(地震エネルギー変動など)を感知したときには、地震予測情報を示した”臨時版メルマガ”をお届けしています。(適時リアルタイムで発刊)

晴れポッポの体感地震予測情報メルマガ「携帯版」のお申し込みはこちらから

****************


プチ(。・・)σ【ON】<blogram投票ボタンブログランキング 災害対策

その他「コメント対応など」

ー(長音記号2)当ブログでは、”地震前兆”を体感感覚で感知した場合にのみ、体感地震予測を記しております。(精度の高い情報のみをお伝えするために)

その他”地震状況””自然状況(地震エネルギーの状態など)”から推察した、地震活動の予測情報などは、”前兆体感”と比較すると精度が若干低いものとなるため、「携帯メルマガのみでの情報発信」としております。

ー(長音記号2)”コメント欄”を通じてのご質問などに関して、下記要素に関した質問・お話には原則お答えできないものとして取り扱っておりますので、ご了承いただければ幸いです。(私が考えている、地震の可能性や地震活動に対する考え方は、当ブログ及びメルマガで発信しているのがすべてですので、過去記事も含めてご参照していただければ、私が考えている地震状況がわかるものと思っています。(*^^))

・他の「地震予測情報(ブログ・雑誌など)」に関する各種質問など。

2008年08月05日

熱帯気候

こんにちわ(*^^)
今朝から体感で感知していましたが、いよいよ「雷様」
がやってきたようです。雷雷("▽"*) イヤン♪

るんるんるんるん

現在「体感地震予測080730」の経過観察中ですが本日
明日と最も注視したい期間となっていました。

が・・ここ数日間「関東周辺」ではほぼ毎日のように
≪雷雨≫の到来。(;一_一)

今日も、東京・神奈川でも激しい雷雨となっている所
もあるようです。

気になる「北海道方面」も昨日までの数日間は激しい
「雨」の気候となっていました。

この状況を考えると≪水≫エネルギーと≪金≫エネル
ギーによって、瞬間的「短期的」な地震エネルギーの
抑制状態となっているようです。

どうやら本日も「関東周辺」では地震発生の可能性は
低い状況となっているようです。でも、雷の心配は大
です。((((((; ̄Д ̄)))))) ブルブル

逆に東北から北海道にかけては「高気圧」の影響圏内
に入りつつあるような状況ですので、本日も含めて注
視でお願いいたします。

このことからここ数日の「抑制」を考えると経過観察
期間の延長が必要となってきそうです。3日間くらいの
抑制が継続していたと考えられますので

かわいい3日程度(9日まで)

の期間延長を考えておきたいと思います。最終的な判
断は6日が経過した段階であらためてお知らせしたいと
思っています。

るんるんるんるん

晴れ熱帯性気候

少々余談となるかもしれませんが、ここ数日の自然エネ
ルギー状態やその質を感じていると1つの「認識」が深ま
ってきました。

それは

日本・・私が住んでいる関東地方は「熱帯性気候」とな
ったんだなぁ〜ということです。

よく各種メディアなどの報道の中では「異常気象」とい
った言葉が使われています。もちろん、その認識は間違
ったものではないと思います。

けど・・

その意識は「人類」の歴史の中でもさらに近代において
の限定的な「期間」の視点からの感想ですよね。

でも実際は「地球・自然」の歴史から見ると「気候変動」
というものはもっともっと、今起きている「変化」など
微々たるものかのごとく・・ダイナミックに「変化」し
てきた歴史があります。


ちなみに「エルニーニョ」といった日本の気候も影響を
及ぼすと考えられている「海水温度の変化現象」に関し
ても、地球の≪異常現象≫といった、感覚で報道される
ことがありますが・・それはちょっと違うんですよね・
・・

「エルニーニョ」といった現象も地球時間では定期的に
発生と消滅を繰り返している「自然現象」の1つとなっ
ています。

こんな「地球時間」の視点から考える今の日本・関東の
「気候」といったものも・・「異常」という認識よりも
「変化」してきたんだといった認識のほうが適切なよう
な気がします。

そこで私が住んでいる「関東地方」なのですが、なんと
いっても今年は「自然エネルギー」の循環と質が変化し
ているように感じたわけです。

なかなか具体的な表現が難しいのですが・・しいていう
と・・

もっと以前の関東地方では「自然エネルギー」として

揺れるハート「火」「水」「土」「金」「風」

の5つのエネルギーがお互いに同じ程度のバランス量で
存在していたし・・

さらにそれらのエネルギーも相関的に影響しあっていた
と感じていました。

「バランス」を持っていたというのは別の言い方をすれ
ば各エネルギーの「リズム」が整っていたということで
す。

エネルギー量・強さの変化のリズム(増減)がうまく調
和していたということ。

それがゆえに、他国でもなかなか見られないような・・

黒ハート四季の変化

が見事に存在していたのだと思っています。


で・・・この自然エネルギーが「変化」したと感じたわ
けですが・・どうなったかというと・・。

かわいい「火」と「水」のエネルギーが主役として存在。

新月「金」「風」「土」のエネルギーが常時衰退。

という状況になったと感じているのです。(;一_一)

これが今の気候・自然現象を端的に表しているんですよ
ねぇ。(^^ゞ

それがとういう意味なのか・・・長文になってしまいま
したので、また別機会に記載してみたいと思います。


posted by ポッポ at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の体感報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17641335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック